世界保健デー2021:世界中でもっと母乳育児を

今年の世界保健デー(4月7日)に寄せて、世界母乳育児行动连盟(WABA)との共同声明を作成しました。

世界保健デー2021:世界中でもっと母乳育児を:より公平でより健康な世界のために

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)のパンデミックは世界各地にとって大きな试练となっています。また同时に地域、国家、社区などによって多くの健康格差があることをあらわにしました。すべての人に、より健康でより公平な未来を保障するのはこれまで以上に重要です。母乳教育児は健康で公平な社会を作り出す基盘です。社会や経済的な状况がどのようなものであっても、乳児や子どもたちに最适な人生の始まりを与え、発达の机会と健康を底上げするからです。母乳はすぐに饮ませることができ、栄养的にも优れ、子どもの発达に必要なものが备わっています。世界保健机关(WHO)と国连児童基金(UNICEF、ユニセfu)は、乳児が生后6ヵ月间母乳だけを饮み、その后栄养が十分な补完食を食べながら2歳かそれ以上まで母乳を饮み続けることを推奨しています。世界では生后6ヵ月间母乳だけを饮んでいる赤ちゃんは全体の约41%で、2歳まで母乳を饮み続ける赤ちゃんは45%にしかすぎず、母乳で育てられている割合は地域、国家、社区などによって大きな违いがあります

母乳育児の强调はよく知られており、子ども、母亲、家族、さらには地域の人々の心身の健康によい影响を与えます。母乳で育つことで子どもたちは感染症にかかりにくくなります。下痢、下気道感染症、中耳炎になりにくく、なったとしても軽くすみます。むし歯や不正咬合にもなりにくくなり、最适な认知発达をしていきます。母乳で育つ子どもはより强く反応しやすい免疫系を确立します。これは现在のパンデミックの世界において特に重要です。母乳育児は母亲の心身の健康にも大切な役割を果たします。乳がんや卵巣がん、骨粗しょう症、心血管疾病、糖尿病にかかるrisukuも低くなります。

さらに、母乳育児は、世帯、国、世界にとっても医学的にも経済的にも长期的によい影响があります。病気にかかりにくいので亲の欠勤も少なく、医疗费も安く、医疗shisutemuや地域の経済に负重をかけません。したがって、母乳で育てる人が多くなることで、すべての国が得をします。报告によれば、(国の政策や支援の欠如によって)母乳が与えられなかった场合の経済的损失は、世界中で3,413忆米ドルにも上ります。

母乳を饮ませる代わりに2歳まで乳児用ミルク制品を使った场合、世界の平均で世帯收入の6.1%のコsutoがかかります。乳児の健康と安全を支えることで、母乳育児は家族の食粮安全保障に貢献し、世帯の経済に負担をかけません。低収入の世帯にとってはとりわけ重要なことです。新型コロナウイルス感染症のパンデミックのような危機的状態のときには、多くの世帯は収入が不安定になったり収入を失ったりしますので、さらに不平等は加速します。母乳で育てることで世帯支出を減らし、最適な栄養と健康を約束し、不平等を減らすことができます。

母乳育児を応援するような保健医疗方针と実践は母乳で育てる人を増やします。が、赤ちゃんにやさしい病院で产めるかどうかを含めて、格差は続いています。赤ちゃんにやさしい病院运动(BFHI)は1991年に始まりました。その目的は、障壁を取り除くことで、母乳育児を保护することにあります。母亲が病院で母乳育児がsuムーズに始められ、退院后も妈妈哺乳児を継続できる支持が受けられるようにします。しかし、2017年の时点で、世界の乳児のうち「赤ちゃんにやさしい病院」とされた设施で生まれているのはわずか10%にしかすぎません。多くの贫しく社会的に脆弱な母亲や家族は、病院や产科施设で母乳育児を保护し応援してくれる実践を受けることができずにいます。また、赤ちゃんにやさしい病院の中でさえ、母乳育児支持に差があるという报告があります。母乳育児支持のtoreninguを受けた保健医疗sutaffiが少ないことも关连した问题の1つです。2021年は保健医疗従事者とケケワーカーの国际年です。前线で働く保健医疗従事者とケアワーカーの教育能力、働を高め、働く环境を改善する権利を拥护する必要があります。彼ら/彼女たちは、母乳育児支援も提供しています。

复帰は、母乳だけで育て母乳育児を継続するための大きな障壁です。有给の产休があり、职场にがあれば、こうした障壁を乘り越えられることは知られています。しかし、多くの母亲は十分な支持を受けることができません。组织化されていない大规模な非公式(インォーマル)セクターにおいて、このことは特に顕着です家族や地域の理解とサポートの欠如も、思っていたよりも早くに母乳をやめる理由の1つです。母乳育児の教育を祖父母や一般の人々に広げる健康启発キャンペーンをすることで、社会全体に母乳育児が大切だという意识付けにつながることでしょう。社会的弱者や脆弱な社会状况のニーズや困难に対応できるような柔软な対策も必要でしょう。

このパンデミックが続く中、2021年の世界保健デーにおいて「私たちの世界は不公平である」ということを改めて思い起こし、より公平で健康的な世界を筑くために协働していきたいものです。子どもに寄り添いながら最适な授乳(注:生后6ヵ月间は母乳だけで育て、その后补完食を食べさせながら2歳かそれ以上まで授乳を続ける)ができるようになれば、子どもの成长や発达に影响する健康格差を减らすことができ、健康な人生を送る最良の机会を子どもに与えることができます。ラ·reーチェ·riーグ·インターナショナル(LLLI)と世界母乳育児行动连盟(WABA)は、政府、国连医疗机关、保健shisutemu、労働组合、工作场所、地域、居民社会の団体に対し、以下を呼びかけます。

  • 「赤ちゃんにやさしい病院运动」を强化し、母乳教育児カウンセringグが広がるような公众卫生上の视点を、灾害时も含めて人々がしっかり持ちましょう
  • 母乳育児を支援してもらい、职场で差别されないように、公式(ォーマル)セクターでも非公式(インォーマル)セクターにおいても、有给の休业、职场のサポートといった社会的母性保护の方策を讲じましょう
  • 小さい子どもを持つすべての母亲が、保健医疗施设と地域でsuキルの高い母乳育児カウンセringグを受ける権利を护主しましょう
  • 适切で一贯性のあるメッセージを作り、家族や地域の人々のすべてに知らせて、母乳育児をする母と子の支援を强化しましょう

 2020年世界保健品