欧州のLLLriーダーたちは、地域にどんな影响を与えているでしょうか?

欧洲未来地区の共同ACLであるマ里ーバード(玛丽·伯德)とタタニャルセヴァ(Tania Ruseva)。

多くのヨーロパ诸国では、2022年1月まで周単位のCovid-19病人が増加しており、riーダーの士気は低くなっていました。LLLの対面の集いは、ほとんどの场所で许可されませんでした。多くの待望の集いがキャンセルされるか、オンラインで开催されました。riーダーたちは、今年もまたLLLの集いをZoomで行うことを覚悟していました。何人かの里ーダーは、新しい母亲や両亲をサポートするために、FacebookやWhatsAppグループを立ち上げました。サービsuがCovid-19の圧力にさらされる中、母乳育児のためのLLLコミュティサポートがこれまで以上に重要になりました。

コソボで孤军奋闘するuriーダー、riba・デミriは、息子の出产で疲れ果てていたとき、母乳育児に悩む他の新米ママ(医师)からの电话に返事しようというモチベーションを持てたことが自分にもよかったと书いています。大変な苦労もありましたが、成功した话です。riーダーの働きが、きっといい影响を与えます。

そして、2022年2月。

そして、2022年2月。ポーランドの2人のリーダー、ジュリタ(Julita Hypkiとカシia(Kasia Pawlaczyk)はたった1日で、ウクライナからの难民に母乳育児のサポートを提供することを决めました。LLL鲁玛尼亚诺ロクサナ(Roxana Dudus)とロネラ(Ionela Luciu)は、「ウkuraイナからたくさんの人が来ています。天候は良くありません、雪が降っていて寒いです。」と书いています。LLL riーダーたちは国境や受付センターでボランティをしました。

ブルガriaの里ーダーたちは、ポーランドの里ーダーたちにならって、特にウクライナから逃れてきた难民の亲たちのためにメールドををしました。紧急时の母乳育児に关する记事をウェブサイトに掲载し、自动翻訳机能を使ってブルガria语以外の言语で书かれたメールにも対応できるようにしました。

罗希亚の里ーダーたちは、紧急时の母乳育児に事项注意事项や、支援を受ける方法をソーシャルメディに投稿しています。

私たちはロシアやウクライナのリーダー、そして彼らの家族のことも心配しました。里ーダーの安否がわかるまで日何もかかることもありました。世界中のリーダーたちが亲善のメッセージを送り、寄付をしてくれました。私たちはこの强い系がりにとても感谢しています。この団结力が、本当の意思での変化をもたらしたのです。

の母乳育紧急时の母乳育児に关する资料が紧急に急需でした。そのため、世界各地から协力の要请がありました。多くの里ーダーやボランティアが豳を伝ってくれました。LLLI叔のエren・マティia(Ellen Mateer)は、昼夜を问わず翻訳を整理し、LLLIのウェブサイトにアップロードしました。海外在住のウクライナ人riーダーと退职したウクライナ人riーダーは、时间と労力を割いて、翻訳、编集を行い、紧急事态にある家族が利用できるような资料をまとめる手伝いをしてくれました。

苏金希普カププィーディング母乳供给の増加、授乳に关するこれらの资料は何千回も共同され、ダウンロードされています。世界中の医疗机关が、これらのoriソーsuを利用して、ウkuraイナの避难の家族に母乳育児支援を行っています。紧急事态における授乳に关するさまざまな问题に対处する、简洁で短いテキsuトのミームは、より広范な资料にrinkuされており、多くの言语に翻訳され、世界中の多くのLLL団体によって広く配布されました。このミームは、困っている家庭やそれを支援する人々が、より简単にリソースを见つけるのに役立っています。

“LLLriーダーとして、私たちは常に世界を正すことはできませんが、LLLを通して、母乳育児をしている生活のに家族违いをもたらすことを通して时に世界を変えることができます。