LLL トゥディ #5 – 母乳育児と仕事 – カルラの物語: ヴィットリア

カルラの物語: ヴィットリア – 雇用主があなたに代わって主張する場合雇用主があなたに有利なように漕いでくれるとき

原文イタリア語コメントからの翻訳

Io sono libera professionista, per cui solitamente i lavori e le collaborazioni devo andarmeli a cercare. 

Quando mia figlia Vittoria aveva circa cinque mesi e avevo pochissime speranze di trovare qualcosa per un bel po’, mi offrirono di collaborare alla realizzazione di un cd-rom multimediale di storia dell’arte. La proposta mi interessava tantissimo. Solo che a peggiorare le cose c’era il fatto che la sede della società era a Reggio Emilia e io vivo a Genova… 146 km… Era quasi impossibile riuscirci. Eppure – grazie ovviamente all’esistenza del computer – riuscimmo ad organizzarci per una visita alla settimana in redazione a Reggio e il resto del lavoro on-line. E Vittoria… è venuta con me per i due mesi della durata del lavoro. 

La prima volta me la sono tenuta di fianco, allattandola quando ne aveva bisogno; la seconda volta la moglie del mio datore di lavoro mi aveva trovato una baby-sitter che portava in giro Vittoria e, se serviva, la riportava da me. 

Il viaggio di andata e ritorno era in treno, io non usavo ancora fasce o zaini come avrei fatto dopo, per cui avevo una grande borsa porte-enfant ed eravamo autonome. 

Certo, il mio datore di lavoro aveva cinque figli e lavorava insieme a sua moglie, per cui penso che la sua elasticità sia stata importantissima.

娘のアドリアナが生後6ヶ月の頃、私は数年前に亡くなったとても有名な詩人について本を書く機会を得ました。私は、この詩人の痕跡がまだ私の住む街や地域に残っていないか、すべて探さなければなりませんでした。

アドリアナはかなり手のかかる子で、数時間も離れることは考えられませんでした。

2000年の冬はとても寒く、私は、詩人が詩を書いているときに見たかもしれないものを探しながら、鼻を(凍らせながら)自分の町の急な道を歩くときも、いつも彼女を連れて行くことにしました。

そのうちのひとつは、ポー渓谷に向かう谷間でした。とても寒く、川は緑がかった氷の層になっていました。

アドリアナは2枚のマフラーとコートの下の抱っこ紐の中にいました。彼女は熱く、私と触れ合っているお腹だけが暖かかったのです!ペンとノートを持つ私の手は完全に凍っていました。体を温めるために、私は市場の屋台で豚のクラックリング・サラミ(素晴らしく、高カロリーのサラミ)を挟んだサンドイッチを買いました。

アドリアナは、私が小学校の先生とのインタビューのメモを書き留めていたバーで、とても長時間の授乳の後、その日の午後はとてもよく眠っていました。今でもクラックリング・サラミに罪はないと思っているでしょうか?

この本は3カ月で書き上げたのですが、何年も経った今でも、どのようにアドリアナと私があんなに分別のあることを書いたのかは理解できないままです!


カーラ、LLLイタリア