LLL トゥディ #5 – 母乳育児と仕事 – カルラの物語: アドリアナ

カルラの物語: アドリアナ – カロリーサンドイッチと詩の効果

原文イタリア語コメントからの翻訳

Quando mia figlia Adriana aveva circa sei mesi, mi capitò l’occasione di scrivere un libro su un poeta molto famoso, morto da diversi anni, di cui dovevo cercare le tracce ancora esistenti nella mia città e nella mia regione.

Adriana era una bambina abbastanza ad alto bisogno, ed era impensabile lasciarla per diverse ore.

Era l’inverno del 2000, freddissimo, e decisi di portarmela sempre dietro anche camminando lungo le viuzze ripide della mia città col naso (gelato) per aria a cercare le cose che il poeta poteva aver visto mentre scriveva le sue poesie.

Una delle tappe era in una valle verso la Pianura Padana, e faceva talmente freddo che il fiume era uno strato di ghiaccio verdissimo.

Adriana era nel marsupio, sotto a due sciarpe e al cappotto: era bollente, e la mia pancia a contatto con lei era l’unica cosa calda. Le mie mani, con la penna e il quadernetto sul quale prendevo appunti erano completamente ghiacciate, e al banchetto di un mercato comprai un panino con il salame di ciccioli (un meraviglioso salume stra-calorico).

Adriana, dopo aver ciucciato in un bar in cui stavo mettendo giù gli appunti di un’intervista con un maestro elementare, quel pomeriggio dormì tantissimo, e tuttora penso che il salame di ciccioli non sia stato del tutto innocente!

Riuscii in tre mesi a scrivere il libro, e ancora oggi dopo tanti anni non capisco come sia stato possibile che io e Adriana abbiamo scritto cose così sensate!

娘のアドリアナが生後6ヶ月の頃、私は数年前に亡くなったとても有名な詩人について本を書く機会を得ました。私は、この詩人の痕跡がまだ私の住む街や地域に残っていないか、すべて探さなければなりませんでした。

アドリアナはかなり手のかかる子で、数時間も離れることは考えられませんでした。

2000年の冬はとても寒く、私は、詩人が詩を書いているときに見たかもしれないものを探しながら、鼻を(凍らせながら)自分の町の急な道を歩くときも、いつも彼女を連れて行くことにしました。

そのうちのひとつは、ポー渓谷に向かう谷間でした。とても寒く、川は緑がかった氷の層になっていました。

アドリアナは2枚のマフラーとコートの下の抱っこ紐の中にいました。彼女は熱く、私と触れ合っているお腹だけが暖かかったのです!ペンとノートを持つ私の手は完全に凍っていました。体を温めるために、私は市場の屋台で豚のクラックリング・サラミ(素晴らしく、高カロリーのサラミ)を挟んだサンドイッチを買いました。

アドリアナは、私が小学校の先生とのインタビューのメモを書き留めていたバーで、とても長時間の授乳の後、その日の午後はとてもよく眠っていました。今でもクラックリング・サラミに罪はないと思っているでしょうか?

この本は3カ月で書き上げたのですが、何年も経った今でも、どのようにアドリアナと私があんなに分別のあることを書いたのかは理解できないままです!

編集部注:「謎の詩人」はジョルジョ・カプローニで、本は『Da Arenzano a Genova, alla Val Trebbia, una guida ai luoghi cantati da Giorgio Caproni』である 「アレンツァーノからジェノヴァ、トレッビア渓谷まで、ジョルジョ・カプローニが歌った場所へのガイド」。


カーラ、LLLイタリア