LLL トゥディ #4 – LLLリーダーになりました

私はイヴェタです。私はラ・レーチェ・リーグ(LLL)リーダーになるためにチェコ語でトレーニングを受けたチェコで最初のリーダーです。とても光栄です!今日はその過程での私の経験を分かち合いたいと思います。

 LLLと出会ったのは2021年の冬でした。私の長女が生後6カ月のときでした。  オンラインミーティングの案内を見たとき、必ず参加しようと思いました。最初から全体の雰囲気が好きだった!とてもカジュアルで、普通で、家族的な雰囲気。私は最初の瞬間から歓迎されていると感じ、ハンカとミーシャ(もう二人のチェコ人LLLリーダー)のことをずっと知っているように感じました。あるミーティングで、彼らがLLLリーダーになることについて話したとき、私はそのことについてもっと情報を得る必要があると確信しました!お二人が 志願のための必要条件[pp1] リーダーの責任と志願までの作業について説明してくださり、私はゆっくりと、しかし確実に志願の準備を始めました。私がLLLを気に入った理由は、LLLのサポートは科学的で、共感的で、支援的、そして母親のエネルギーが見事に融合しているからです。授乳中の母親として必要なものがすべて揃っているように聞こえます。そうでしょう?

その最初の話し合い以来、私はミーティングに出席し続け、本(だれでもできる母乳育児)を買い、娘が1歳になるのを待って、ようやく志願しました。

 トレーニング全体を通して、とてもいい経験ができました。この道のりを通して、私のサポートリーダーだったミーシャとハンカの二人に感謝しなければなりません。彼らの献身、忍耐、知識のおかげで、私は真のLLLの心をさらに学ぶことができました。

そして、このトレーニングで一番良かったことは何だと思いますか?私が結婚するちょうど2日前、第2子を妊娠4ヶ月で、イタリアで開催される初めてのLLLカンファレンスを数日後に控えていたときに、トレーニングを終えたことです。私はフューチャー・エリア・イン・ヨーロッパ(FAiE)の代表として、ハンカや他のFAiEリーダーと一緒に招待されました。私はこの素晴らしい時間を決して忘れることはないでしょう。大会ではたくさんの素晴らしい女性や家族に出会い、素晴らしいスピーカーの話を聞き、お互いを知る時間がありました。LLLイタリアは、授乳する母親たちを支え合う素晴らしいネットワークの一例です。このサポートは、終わりのない、そして最も素晴らしく、重要で、時にはとても大変な子育てという仕事を、他の人たちがやり遂げるのを助けてくれます。

母乳育児という芸術があることに、心から感謝しています。。

編集部注:LLLリーダーになるための情報は、https://llli.org/get-involved/prerequisites/.


イヴェタ・ヴォフォヴァー