LLL トゥディ #3 – 授乳期の親のための情報と安心感

母乳育児やチェストフィーディングの最初の数日に感じる葛藤や疲労は、普通のことです。多くの親や介護者が、母乳育児の大変さに驚き、その大変さから、何か間違ったことをしているのではと疑うのもわかります。さらに、赤ちゃんは一人ひとり異なり、母乳育児/チェストフィーディングの関係もそれぞれ異なるため、経験豊富な親であっても、授乳する子どもごとに異なる課題に直面する可能性があります。私は、4人の子どもたちの新生児期には、母乳育児がとてもスムーズにできたので、ラッキーだと思っていました。しかし、5人目の赤ちゃんが生まれ、私が快適に授乳できるようになるまでに5週間も苦労しました。しかし、サポートと粘り強さによって、7カ月になる今、彼は簡単に母乳を飲めるようになりました。

早期母乳分泌やチェストフィーデング/母乳育児を阻むものとして、痛み、吸着、母乳分泌量などが挙げられます。

母乳育児/チェストフィーデングを成功させるための土台を整える上での鍵は、以下の通りです:

ー乳汁分泌の仕組みを知る

ー新生児の空腹や満腹のサインだけでなく、通常の不快の症状を認識すること。

母乳育児/チェストフィーデングの最初の数週間は、不快な思いをすることがよくあります。乳首が赤ちゃんの必要性に適応しているため、不快に感じることがあるのです。しかし、授乳中ずっと続き、吸着や抱き方を変えても改善しない深い痛みは、LLLリーダーや授乳の専門家による支援が必要かもしれないというサインです。

適切な吸着は快適さのために不可欠であるため、私は新しく授乳する親にLLLIまたはLLLUSAのウェブサイトをチェックすることをお勧めします。(1)生産的で快適な吸着ができるようになるためのガイドラインが見つかります。また、これらのページには、役に立つビデオやイラストがリンクされています。両親や介護者は、オンラインでLLLリーダーに連絡を取ったり、地域のリーダーや、電話相談がある場合はそこに電話したり、オンラインまたは直接のサポートグループに参加することで、さらなるサポートを受けることができます。

新生児の胃袋は小さなものです。生後1日目から3日目までは、1日に必要な初乳の量は5~27ml程度です。その量は毎日増え続けます。健康な新生児の場合、母乳が分泌されるようになる前に粉ミルクで補う必要はないのです。むしろ、赤ちゃんの近くにいて(できれば肌と肌を密着させて)、必要に応じて授乳/チェストフィーデングすることが、新生児が必要とする量の母乳を作るように体に信号を送ることになるのです。

LLLIは、LLLI.orgで「母乳供給の増加」と題する有用なインフォメーションシートを公開しています。(2)このインフォメーションシートでは、母乳生産の需要と供給の仕組みと、供給を増やす方法について説明しています。

新生児の授乳の合図は、非常に微妙に始まります。目を覚ます前にまぶたの下で目を動かす、口を動かす、探索する、頭を左右に動かす、そしてやがて苦しそうに泣く、などです。新生児を肌身離さず、あるいは近くに置いておくことで、初期の空腹の合図に気づきやすく、反応しやすくなります。新生児が泣く前に吸着するのは簡単です。

母乳やミルクだけで育てている赤ちゃんが、どのくらい栄養を摂っているのかを知ることは、親にとって非常に難しいことです。親や介護者は、赤ちゃんが効率よく授乳できているかどうかを確認するために、新生児に満腹のサインがあるかどうかを確認する必要があります。十分な量の母乳を飲んでいる赤ちゃんは、授乳が落ち着き、毎日予想される数のおむつを汚してくれます。

1日目には少なくとも1回の排便があり、5日目には1日3回以上の排便があるはずです。

この数は、赤ちゃんが大きくなるにつれて増えていくはずです。

もしあなたが母乳育児やチェストフィーデングの初期の日々の中にいるのなら、深く呼吸し、赤ちゃんを近くに置いて肌に触れさせ、要求に応じて授乳し、地域のリーダーと連絡を取り、そして何よりも、これはだんだんと容易になることを知っておいてください。

(1) “Positioning and Latching”: https://lllusa.org/positioning-and-latching/ 
“Positioning”: https://llli.org/breastfeeding-info/positioning/

(2) https://llli.org/increasing-breastmilk-supply/

エリン・シモンズ・クレホ