英語を話すカナダ人のLLL「ラ・レーチェ・リーグ・カナダ」をご紹介します

英語を話すカナダ人のLLL「ラ・レーチェ・リーグ・カナダ」をご紹介します
LLLC理事会 議長 セシリー・ヘスレット

カナダは「海から海へ」と広がる大地です。私たちの最も西にあるラ・レーチェ・リーグ(LLL)グループは、太平洋に浮かぶ島々の集まりであるハイダグワイにあります。最東端のLLLグループは、大西洋に隣接するニューファンドランドのセントジョーンズにあります。最北のグループは、ヌナブト準州のバフィン島にあるイカルイトにあります。この島は、北極海に向かって伸びています。そして、最南端のLLLグループはオンタリオ州ウィンザーにあり、五大湖をつなぐ大きな川のそばにあります。カナダには3,800万人の人々がいますが、現在340人のLLLリーダーがいます。これは、11万人に1人の割合です。カナダの大都市にも、国中の小さな市や町にも、LLLリーダーがいます。

ラ・レーチェ・リーグ・カナダ(LLLC)は 1961 年に最初の LLL の集いを開催し、昨年 60 周年を迎えました。1964年までに、国中にいくつかのLLLCグループができました。そして1970年には、20のグループと50人のリーダーが誕生し、マーガレット・ベネット゠アルダーがLLLCの独自のコーディネーターとなりました。それから52年、マーガレットは今日もLLLCの強力なサポーターです。1987年、LLLCはLLLIと最初の協定を結び、La Leche League Internationalの関連組織となりました。

カナダは重要な節目を迎えました

2022年1月、ラ・レーチェ・リーグ・カナダは重要な節目を迎えました。私たちは、LLLIと2つ目の協定を締結したのです。LLLC理事会は、「ダイレクト・コネクト・エンティティ(DCE)協定書」を仕上げ、更新する作業について、希望と誇りを感じています。私たちはLLLのブランドとロゴを守ることがいかに重要かを知っており、理事会は私たちが家族に提供するLLLCのすべての資料のブランド化を更新しています。これには、コース、インフォメーションシート、SNSへの投稿などが含まれます。また、昨年夏に全面的にリニューアルした、使いやすいウェブサイトもあります。

2022年5月、LLLCリーダーは再び対面での集いを開催できるようになりました。2020年以降、私たちは多くのことを学びました。特に、カナダのような大きな国にとって、オンラインの集まりや会議がいかにうまく機能するかということです。私たちは、バーチャルの集いを提供し続けるLLLグループを持っています。養育者と医療専門家のための年次会議も、おそらくオンラインで提供し続けるでしょう。私たちの出生前母乳育児コースを含むオンラインLLLイベントは、お母さんと家族のために、よりアクセスしやすく便利になっています。また、LLLリーダーと医療専門家のために、コミュニケーション・スキル開発コースをオンラインで提供しています。私たちはオンラインで集まる方法を学びましたが、LLLカナダの全員が、家庭、公園、図書館、コミュニティセンター(community centresはカナダの綴りです!)に再び集まることにワクワクしています。

カナダの夏を迎えると、公園や裏庭でブランケットや芝生チェアに座っている私たちの姿が目に浮かぶことでしょう。私たちは、お母さんと赤ちゃん、養育者たちに囲まれて、暑い日差しを楽しむことでしょう。ここカナダでは、冬が長く雪が降ります。しかし、私たちの夏は暖かく、LLLリーダーと家族はそれを心から楽しんでいます。