Category Japanese

LLL トゥデイ #5 – フォトギャラリー

マチューは2児の父親である。保育士として訓練を受ける。過去20年間、産科病棟、新生児科、小児救急科で働いてきた。当然、多くの女性や子どもたちと接することになる。写真を撮ることで、彼は感情的になりがちな職業生活から解放される。特に、隠されたりタブー視されたりしがちなものにスポットを当てることを楽しんでいる。そのため、授乳、産褥期、妊娠、出産、授乳のシーンを撮影している。また、ソーシャルネットワークで流布される決まり文句とはかけ離れた、多様な女性の身体も撮影している。彼は「フォトセラピー」と呼ぶものを実践している。フォトセラピーの目的は、産後や産褥期に傷つきがちな女性の自尊心を回復させることだ。彼が撮影した母乳育児中の2人組の写真は、若い母親たちに、自分自身と赤ちゃんのためにしていることに対する肯定的なイメージを与える。マチューの作品をご覧になりたい方は、彼のウェブサイトまたはインスタグラムのアカウントをご覧ください。 www.mattgroar.

LLL トゥディ #5 – 産後うつ

赤ちゃんが生まれると、私たち個人や家族の生活にさまざまな変化が起こります。恐怖や不安の時期が頻繁に訪れ、時間、空間、環境が小さな子どもを育てるのに最適なのか常に自問自答が押し寄せてきます。これからやってくる困難に立ち向かえるのかどうか。出産中や出産後に抱く不安は、子どもの安全を確保しようとして多くのお母さんが経験することです。 出産中に私たちが置かれたある状況は、私たちの感情の安定に影響を与えます。例えば、産科的バイオレンスを伴った出産であった場合です。これは、私たちが自分の身体について決めることを許されなかったり、事前に希望していたことが満たされない出産のことです。 私の地区のお母さん、ミリアムが、産後うつの経験を教えてくれました。 何ヵ月も待って、陣痛がきて、その時が来ました。ついに待ち望んでいた赤ちゃんが産まれたのです。私は変な気持ちで混乱していました。我が子を腕に抱いた時、喜びと満足の波が押し寄せると思っていたのですが、それが感じられません。疲れのせいかもしれないし、出産で経験したさまざまなことが渦巻いているせいかもしれないと思いました。 娘が生まれたらどうしたらいいのか、最初の数日はどんな気持ちで、どんなふうに過ごしたらいいのか、多くの人に教えてもらいました。私は本当にそのようには感じられませんでした。悲しくて、ぼーっとして、混乱して、どうしてもここから逃げ出したいと思っていました。娘の泣き声で一日中イライラしていました。多くの女性が話してくれた娘とのつながりも感じられませんでした。自分が他人であるかのように感じました。 娘の世話をしてくれる人がいれば、すべてがうまくいきました。私は母とパートナーに娘と過ごす時間のほとんどを任せました。授乳しに行きましたが、彼女と一緒にいて、母乳をあげなければならない時、私は彼女を直視することを避けました。彼女のことよりも他のことに目と考えを集中させようとしました。そして同時に、彼女に全力を尽くせなかったこと、良い母親でいられなかったこと、どんなときも幸せでいられなかったこと、彼女の目を見てそのまなざしにうっとりしなかったことに罪悪感を覚えました。 ラッチのことで悩むようになりました。このことはあまり話したくありません。ラッチがうまくいかなかったとき、私は安堵しました。それは私にとって逃避のようなものでした。同時に、その時は不快感もありました。友人がLLLリーダーにつないでくれて、私の話を聞いてくれました。何度彼女に電話して、その日感じたことや起こったことを話したかわかりません。彼女は何が起こっているのかを理解してくれて、私は安心しました。私を批判したり、悪い母親だと感じさせたりすることなく、私が経験していることを理解してくれる人を見つけたのです。(自分が悪い母親であると毎日感じていて、もうたくさんだった)彼女は、女性が産後うつになる可能性があること、あまり語られることはないが、広く蔓延しているトピックであることを説明してくれました。母乳育児を改善する方法を教えてくれました。彼女は母乳育児が母子の絆を深める重要な要素であることを強調しました。 私はこの段階を克服するために専門家の助けも借りました。数ヵ月後、私は娘との距離を縮めることができました。最初の頃の母乳育児の難しさを克服していたのです。ある日、授乳中に娘を見て、この小さな娘が私のすべてだと感じることができました。私はこの子をいつも愛していたのです。 LLLリーダーは、共感的傾聴を通して、産後うつを経験したミリアムのようなお母さんを支援しています。LLLリーダーたちは、お母さんや親たちに、何度でも自分の気持ちを分かち合うよう勧めています。LLLのサポートグループでは、お母さんは他のお母さんの経験を聞くことができます。他のお母さんたちがどのようにラ・レーチェ・リーグに助けられ、母乳育児を続けることができたかを知ることができます。お母さんや養育者に、LLLリーダーが彼らをサポートし、専門的な支援を受けるための情報を与えてくれると知らせることが重要​です​。 サンドラ・パティーニョ

LLL トゥディ #5 – 母乳育児を通じたマザリング、それがすべての違いを生む!

私の意図は、私自身と子どもたちとの関係を母子関係の標準とすることではなく、むしろ私たちにとって何が最もうまくいったかということです。とはいえ、私は母乳育児を通してこそ、人間の子は母親になるべきだと固く確信しています。実際、私は母乳育児を、単に赤ちゃんという小さな哺乳類に栄養を与える方法だとは考えていません。母乳育児はそれ以上のものです。それは芸術であり、子どもとの関係を築く方法なのです。母乳育児は、私たちの身体と魂の間に近接性と即時性をもたらします。このつながりは本能的なものです。考える必要も、計算する必要も、熟考する必要もなく、ただ我が子を母乳にあずけるだけでいいのです。 私たちはよく、母乳が子どもにとって一番良いという記事を目にします。しかし、それは母乳育児を乳房から乳幼児への母乳の授受に限った、限定的なものの見方であるように思えます。むしろ、母乳育児は人間の赤ちゃんが待ち受けるものだと言うべきでしょう。母乳育児がミルク以上のものだと理解するまで、私は母乳育児をすることができませんでした。 私の上の2人の子どもは、それぞれ1か月と6週間母乳で育てました。哺乳瓶での授乳を手本にして、母乳を与えようとしたのです。そして、それは長くは続きませんでした。最初の子のとき、私は「愛着障害」あるいは「母性障害」と呼ばれるものを経験しました。赤ちゃんの世話をしているときに悲しい気持ちになったり、赤ちゃんが私を愛していないような感覚に陥ったり……私の母はよく、赤ちゃんと私の愛着が困難であるというこのような印象は想像上のもので、「子どもは必然的に母親に愛着を持つ」のだからと私に言いました。確かにそうかもしれませんが、どのようにして?私の第2子は、母乳育児期間が短かったにもかかわらず、身体的な親密さ(添い寝、ベビーウェアリング)の恩恵を受け、より満足のいく関係を築くことができました。私は初めて母親として認められたと感じました。3人目が生まれたとき、最初の困難を乗り越えて母乳で育てることができました。私の母乳育児は、授乳の方法からマザリングの方法へと変わりました。長い間、母乳育児は私と赤ちゃんとの主なコミュニケーション手段であり、とてもシンプルで、とても実用的で、とても自然で、とてもパワフルで、とても効果的でした。 その後の子どもたちとの関係は、大きく変わりました。第一に、最初の子どもたちよりもずっと長い間、母乳で育てられたから、第二に、私たちは肉体的な、肌と肌、体と体の関係をずっと長く続けてきたから、そしてもうひとつは、成長しても私との距離が近く、コミュニケーションがより本能的なものに感じられるからです。彼らとは、私は自分の直感が言うとおりに行動し、自分の直感を信じました。そして本能は良い指針だと思います。母乳育児は私の母性本能を増幅させ、自分の内なる小さな声に同調することで、私はより受容的になり、母乳で育てられた赤ちゃんの要求やニーズとよりつながるようになりました。 このようなマザリングのあり方は、母乳で育てていない子どもたちとの関係や、他の家族との関係にも影響を与えました。私はまた、他人により気を配るようになりました。ある意味、母乳育児によって、私の周りのすべての人が恩恵を受けたのです。母乳育児を通じたマザリングは私の人生、そして他者との関係を大きく変えました。多くの傷を癒すことができました。そう、母乳育児を通じたマザリングは私や私たちのすべてを変えたのです。 編集部注:LLLの考え方を表す10のコンセプトの第1は、次のとおりです: 「母乳で赤ちゃんを育てることは、赤ちゃんの基本的欲求(ニーズ)を理解し、満たしてあげるのにいちばん自然で効果的な方法です。」 ダイナ、フランス

LLL トゥディ #5 – なぜLLLの集まりに参加するのですか?!

なぜLLLの集まりに参加するのですか? 他では得られないものは何ですか? ほとんどすべての赤ちゃんが母乳で育てられる社会では、サポートグループはほとんど必要ないでしょう。その場合、社会全体がサポートグループとなるからです。第一子を出産した人は、いつも誰かが母乳で育てているのを見てきたはずです。子どもの頃から、家族、隣人、友人、職場の同僚が母乳育児をしているのを見てきたはずです。他の人が母乳育児をしているのを見ていたため、正しい姿勢やリズムをすぐに見つけることができたでしょう。母乳の質や量に疑問を持つこともないでしょう。 反対に、出産前に母乳育児をしている赤ちゃんを見たことがほとんどない女性(欧米社会では新米ママの大半がそうでしょう)は、母乳育児の慣習を取り入れると失敗する危険性があります。 それゆえ、ユニセフやWHOなどの国際機関が長年にわたって認めてきた母乳育児ピアサポートグループの有用性があるのです。 LLLの集まりで見つけられるもの 何よりもまず、情報が得られます。母乳育児に関する最新の情報は、あなたが初めて母乳育児をする母親であろうと親であろうと、あるいは上の子の時に母乳育児で苦労した経験があり、下の子では同じことを繰り返したくない人であろうと重要です。このような情報は、他では入手できなかったり、異なる性質のものであったりします。 第二に、低出生体重児、帝王切開、双子、その他あまり一般的ではない状況など、同じような話を持つ他の母親や親の経験を聞くことができます。 何よりも、権力ではなく、一種の友愛の団体を代表する仲間によって、批判されることなく話を聞くことができます。 母乳育児支援グループの基本は、母親同士のサポートです。 この仲間同士のサポートとは、親身になって耳を傾け、微笑んで理解を示し、自分の経験が一般的であることを再確認してくれることを意味します。 私たちは、赤ちゃんが夜通し眠れるようになるには、何日も続けて泣かせるのが普通だと考えられている社会に生きています。「夫婦生活に戻る」などのためにできるだけ早く赤ちゃんを1人にさせるようにアドバイスされます。3カ月になっても夜中に赤ちゃんが目を覚ますと、何か問題があるのだろうかと不安になるかもしれません。赤ちゃんが何度も抱っこやおっぱいを欲しがると、普通ではないと思うかもしれません。周囲の人が、これは普通ではないと言うこともよくあります。例えば、こう言われるかもしれません: 「母乳が足りない」とか「この子はあなたに頼りすぎている」とか。同じ経験をした他の母親や赤ちゃんに会うことは、初めて育児をする母親を安心させ、自分がしていることをサポートします。他の母親が「私の赤ちゃんも、同じ月齢のときにこうしていたのよ」と他の母親が言うのを聞くことで、赤ちゃんのニーズが尊重されていれば、これは問題ではなく、正常な赤ちゃんの行動なのだとわかるようになります。 よくあることですが、母親や養育者はつどいの冒頭で、自分たちが問題だと思っていることについて矢継ぎ早に質問してきます。つどいが終わるころには、質問をするまでもなく、出席者同士のやりとりを聞くだけで、その疑問は消えています。自分たちが問題だと思っていたことが、そうではなかったことに気づくのです! 仲間同士のサポートは、傾聴を通して、母親が自分と赤ちゃんにとって何がベストかを自分で決めることを促します。また、たとえ母親や養育者がすぐに問題の解決策を見いだせなかったとしても、グループは安心感と共感の源となります。そのような状況では、話を聞いてもらえるという確信のもとで困難を話せるという単純な事実が、落ち着いて母親に困難を乗り越えさせてくれるのかもしれません。 母乳育児とマザリングは模範によって学ぶものです。手本となる人がいない、母乳育児について自分の経験や気持ちを比較できる人がいない母親や養育者は、母乳育児をするのがずっと難しいと感じるでしょう。母乳で育てたことのある人を1人か2人知っていれば、すでに良い情報を持っているはずです。しかし、その情報はどうしてもその女性の個人的な経験に限られてしまいます。一方、グループ、特に何十年も続いている国際的な組織の一部であれば、何千何万という人々の経験に基づいた情報やサポートを提供することができます。そのため、親はさまざまなモデルから、自分と赤ちゃんに最も適切と思われるものを自由に選ぶことができます。 経験を共有できるつどいに参加することで、医療従事者の時間を無駄にすることを恐れて、母親や親があえて医療従事者に相談しないような幅広い問題に対処することができます。自分の悩みが他の人にも共有される可能性が高いとわかっていれば、参加者は、赤ちゃんが生まれた後の十分な休養の取り方、手または母乳ポンプを使った搾乳のやり方、母乳育児を日常生活に取り入れる方法、母乳育児中の食事や飲み物の取り方など、さまざまな話題を切り出すでしょう。 さらに、出席者の年齢や赤ちゃんの年齢がさまざまであるため、それぞれがこれまで考えたこともなかった行動について質問することになります。例えば、初めてのつどいに参加する第一子を妊娠中の女性は、まだ母乳を与えている1人か2人の幼児を見るかもしれないし、仕事に戻った後も母乳を与え続けている母親に会うかもしれません。 エンパワーメント 母乳育児サポートグループのもう一つの利点は、彼らが新しい母親や両親の自信を増やすことです。初めて育児をする母親は他人の意見に弱いことが多いです。そして、誰もが自分の意見を言う権利があると感じています!こうしなさい、ああしてはいけない……と、しばしば矛盾したアドバイスもあります。一方、サポートグループは、アドバイスや処方はしません。その場にいる人たちは、可能なアプローチや、何人かの母親にとってうまくいったやり方を提案します。個々の母親が自分の赤ちゃんを観察し、自分にとって何が効果的かを見極めるのです。グループとそのリーダーは、母親と養育者を自分の赤ちゃんの専門家として考えています。何が自分や家族に合っているかは、母親が一番よく知っています。さらに、毎月つどいに通い続ける母親は、新しい参加者をサポートすることになります。これもまた、非常に価値があることです。 どのように機能するのですか? つどいは会議でも講座でもありません。経験を分かち合うためのものです。LLLリーダーは、母乳で子どもを育てた経験のあるボランティアです。彼らが話し合いを始め、話したい人全員が話せるようにします。また、情報を提供し、母親が自分で選択できるように促します。リーダーは既成の答えを与えるのではなく、母親や養育者が自分たちで解決策を見つけるのを助けます。同じように、他の参加者も自分の経験を分かち合うことでそれに応えます。 アプリカントは、経験豊富なリーダーのもとで、母乳育児、傾聴、グループダイナミクスについて学び、LLLのリーダーになる準備をします。 リーダーは組織に蓄積された知識の財産を利用していても、理論的な知識よりも、母乳育児の母親や養育者としての経験こそが重要なのです。 リーダーは、理論だけでなく実践的な情報も提供します。アドバイスはしないし、処方箋も出しません。母親が質問すると、リーダーはそのテーマに関する情報を提供します。例えば、リーダーは、多くの母親がこんなことがうまくいったとか、他の母親がこんなやり方をしていることに気づいたとか、そんなことを言うかもしれません。リーダーは決して、こうしなさい、ああしてはいけません、とは言いません。 母乳育児をしている親が別の母乳育児をしている親にできるサポートは、医療従事者が与えるサポートとはまったく異なる性質のものです。後者は医学の力の宝庫であり、彼らの言説は処方箋のひとつです。しかし、母乳育児に関して、母親や養育者が必要とする情報のほとんどは、医学的なものではなく実用的なものなのです。 クロード・ディディエジャン=ジュヴォー,LLL 法国

LLL トゥディ #5 – 母乳育児と仕事 – カルラの物語: アドリアナ

カルラの物語: アドリアナ – カロリーサンドイッチと詩の効果 原文イタリア語コメントからの翻訳 Quando mia figlia Adriana aveva circa sei mesi, mi capitò l’occasione di scrivere un libro su un poeta molto famoso, morto da diversi anni, di cui dovevo cercare le tracce ancora esistenti nella mia città…

LLL トゥディ #5 – 母乳育児と仕事 – カルラの物語: ヴィットリア

カルラの物語: ヴィットリア – 雇用主があなたに代わって主張する場合雇用主があなたに有利なように漕いでくれるとき 原文イタリア語コメントからの翻訳 Io sono libera professionista, per cui solitamente i lavori e le collaborazioni devo andarmeli a cercare.  Quando mia figlia Vittoria aveva circa cinque mesi e avevo pochissime speranze di trovare qualcosa per un bel po’,…

LLL トゥディ #5 – ラ・レーチェ・リーグのアプリカントと新リーダーとしての私の経験

ラ・レーチェ・リーグ(LLL)は、私の母乳育児への道のりにおいて、最初から大きな部分を占めていました。多くの初めて育児をする母親と同じように、母乳育児が実際どのようなものなのか見当もつきませんでした。娘が生まれたときの私の経験は、想像していたようなものではありませんでしたが、LLLはオンラインでも直接でも私をサポートしてくれました。 私の息子はCovid-19の大流行のさなかに生まれました。イギリスでは、集会が法律で制限されていたため、対面でのサポートは(あらゆる面で)ほとんど休止していました。直接会うことができないにもかかわらず、私はLLLにとても支えられていると感じました。 Covid流行中の母乳育児について考えることができるようになったのは、それからしばらく経ってからでした。地元の野外自然観察会で、私をサポートしてくれたLLLリーダーの一人とおしゃべりしていることに気づいたのです(パンデミックのために直接会ったことはありませんでした)。私はその日、ぜひ他の母親をサポートできるようになりたいと思いました。その週末、私はリーダーになることについて詳しく尋ねるためにメールを送りました。 最初は、アプリケーションをやり遂げることに少し気後れしていました。確かにエキサイティングではありましたが、当初は不可能なことだと感じていました。仕事をしながら、2人の小さな子どもの親として、どうやってすべてをやり遂げたらいいのでしょう? LLLのCLA(リーダーアプリケーションコーディネーター)と私のサポート・リーダーは、私のアプリケーションの間,、常に素晴らしいサポートをしてくれました。私のCLAは英国に住んでいないので、直接会ったことはありませんが、旧友のように感じ、自信を与え、私を励ましてくれました。 私の最大の挑戦は、子育てとアプリケーションを両立させることでした。LLLは家庭生活の重要性を認識しており、私の家族は常に最優先でした。一定の時間内にアプリケーションを終わらせなければならないというプレッシャーは一切ありませんでした。 この取り組みを続けるべきかどうか悩んだ時期も何度かありました。私は、自分がリーダーとして「十分」であるかどうか心配しました。アプリケーションを完成させるまでに「すべて」を知っているわけではないのではと心配でした。私をサポートしてくれたリーダーたちは、とても知識が豊富で、忍耐強く、感動を与えてくれました。そう思えるようになるには、いったいどれくらいの時間がかかるのだろうと思いました。今は、母乳育児のすべてを知っているリーダーなどいないのだと実感しています。私たちは皆、道のりの途中であり、互いに学び合いながら進んでいるのです。リーダーになった今も、私の学びは終わっていません。私は学び続けることを約束します。 新しいリーダーとして、私は地元の2人のLLLリーダーから多大なサポートを受けました。また、LLLという組織からも素晴らしいサポートを受けることができます。質問はいつでもメールでできます。また、リーダーのフェイスブックのグループでは、他のリーダーに内密に質問を投稿することができます。 私はLLLリーダーになったことをとても誇りに思っています。対面でもオンラインでも、母親や養育者をサポートするのが大好きです。母親が自分の歩んだ道のりについて肯定的な経験を分かち合うのを聞くのは素敵なことで、私はこのように地域の母親や授乳中の親をサポートし続けたいと思っています。 もしこれを読んで、LLLリーダーになることが自分に合うかどうか迷っているのであれば、地元のLLLリーダーと話をすることをお勧めします。それは私がこれまでにしたことの中で最もよかったことの一つです。新しいリーダーとしてLLLGBのコンフェレンスにオンラインで出席し、講演を聞いて、とても特別な気分になりました。なんと素晴らしい組織なのでしょう。 ジェン・アール 編集部注:LLLリーダーになるための情報は、 ジェン・アール、LLLグレートブリテン

LLL トゥディ #4 – フォトギャラリー

サンドラ・トレスは写真家であり、母乳育児の母親でもある。2021年にディズニーランド・パリで起きた、公共のベンチで赤ちゃんに母乳を与えていた母親を警備員が退場させた事件をきっかけに、写真展「Breastfeeding for everyone, everywhere」のアイデアが浮かんだ。 サンドラはこの展覧会で、私たちの世界、肌の色、背景、宗教、性的指向、情熱、障害の有無にかかわらず、母乳育児が可能であること、そしてそれは子どもたちにとって幸せなことであることを示したいと考えている。 下の写真は、”Breastfeeding for everyone, everywhere “展からのものです。

LLL トゥディ #4 – カロリーナ・エヴァンス・デ・ビジャに捧ぐ

私は大人になるまで、母がラ・レーチェ・リーグのリーダーであることの意味を十分に理解していませんでした。 学校から帰宅すると、リビングルームは母親と赤ん坊でいっぱいだったことを覚えています。 ある時、私たちはアメリカ人女性をもてなしました。私のつたない英語では、このゲストの重要性が理解できませんでした。数年後、写真を見て、この女性がLLLの創設者の一人であるマリアン・トンプソンであることがわかりました。 母は子どもたちに母乳を与えることを夢見ていました。しかし、私の3人の兄のときはうまくいきませんでした。たまたま私が赤ん坊の頃、母がシカゴの実家を訪れていたとき、雑誌の小さな広告で授乳中の母親をサポートする広告を見つけました。 母はすぐさまその番号に電話をかけました。その電話以降、私はその恩恵にあずかることができました。母は私が3歳になるころまで母乳で育ててくれました。 今日、私は、母がリーダーになるきっかけを作った赤ちゃんが私であったことを知り、深く感動しています。母乳育児をする母親になり、LLLリーダーになるという母の道のりを、私はほとんど覚えていません。ただ、リビングルームが母親と幸せそうな赤ちゃんでいっぱいだったことだけは覚えています。また、交通手段のないたくさんの女性たちを送迎していたことも覚えています。彼女は私の父の古い緑色のジープに女性と赤ちゃんを乗せて、ダウンタウンのドラ・ルズの美しいコロニアル様式の家まで運転していました。少なくとも20人以上の女性たちが、どんなことがあろうと母乳で育てると決めたときに、そのパワーと決意を感じさせる唯一無二の空間を共有していたのを覚えています。 母がそうしたミーティングから帰ってきたときのことを覚えています。彼女は輝いて見えました。 母が国際カンファレンスから帰ってきたときのことを覚えています。母はより一層元気になり、とても幸せそうでした。 私の母に会った人は、母が優しさにあふれ、それでいて謙虚であることを知っていました。自慢するような人ではなかったので、私が大人になって初めて、母がコロンビアでラ・レーチェ・リーグを始めた人だと理解しました。そして彼女のおかげで、コロンビアだけでなくラテンアメリカ中で多くの女性がリーダーになったのです。 父は地域開発の仕事をしており、コロンビアの恵まれない人々を助けようと努力していました。父は母乳育児に取り組む母を常に支え、励ましていました。健康な子どもは、平和と繁栄が支配する社会の基盤であり、母乳育児は不可欠なことであると、父は理解していたのです。 母を知る人なら、母が無限のエネルギーを持っていたわけではないことを覚えているでしょう。母に続く他のリーダーたちのプロジェクトや決意、仕事ぶりを褒めていたのを覚えています。しかし、物静かで謙虚な彼女の影響力は、他に類を見ないものでした。 母を知る人は、母乳育児と良質な栄養への彼女の献身はキッチンにも及んでいたことを覚えています。何年も前、オーガニックやベジタリアンフードがまだ流行していなかったころ、カロリーナはすでに動物性タンパク質を必要としない素晴らしい料理を作っていました。 愛犬の美しいジャーマン・シェパードが11匹の子犬を産んだとき、彼女の母乳育児への思い入れの深さを感じたことを覚えています。我が家はベジタリアンでした。だから、母が肉屋から巨大な骨を持ち帰り、大きな鍋に突っ込んで、数時間後にタンパク質たっぷりのスープができたときには衝撃を受けました。それは自分の子どものためではなく、犬のためだったのです。彼女の言葉を借りれば、やんちゃで汚いからという理由でペットをかわいがっていなかったカロリーナが、LLLでの経験と授乳中の生き物への愛情を動物の世界にまで持ち込んだのです。 電話が鳴っていたことも覚えています。古い黒電話が廊下で鳴り、やんちゃな兄たちが出ました。やわらかく疲れた声と、後ろで泣く赤ん坊の声が聞こえると、彼らは相手に聞こえないように受話器を押さえて、牛が子牛を呼ぶ真似をしてモーと鳴くのです。唯一、穏やかな母がイライラしているのを見せるときで、母は彼らの手から電話を取り上げると、そのような表情を見せたものです。 一瞬にして、彼女は素晴らしい慈愛に満ちた自分になり、また一人の母親に愛情深いサポートを提供するのです。これはおそらく、女性をサポートする技術について、私が最初に学んだことで、この姿勢は現在、私が看護師や授乳コンサルタントとして働いている際にも、見習うようにしています。 当時、母親たちとのコミュニケーションといえば電話か手紙でした。インターネットはもちろん、ソーシャルメディアも存在しませんでした。私は母がダイニングテーブルの前に座り、猛烈なスピードでタイピングし、紙とカーボン紙を山ほど挟んで、最後の一枚を最初の一枚と同じように鮮明にしようとしていたのを覚えています。彼女はラテンアメリカ中のリーダーたちに長い手紙を書いていました。彼女はリーダーたちを導く使命がありました。そのような栄誉に値したでしょうか?今回もまた、謙虚で物静かな母は少しも自慢することなく仕事をしていたため、私には何もわかりませんでした。 ファックスが登場して、彼女の生活はとても楽になりました。彼女は意気込んでタイプする必要がなくなりました。魔法のような小さな機械の助けを借り、1枚書くだけで、ペルーのリーダーの1人が数分以内に彼女の言葉を読むことができるのです。 母乳育児についての本を書くよう彼女に勧めたのは、私の父だったと思います。  これが『Querer es Poder(仮訳:意志あるところには道がある)』の始まりです。父の誘拐によって、このプロジェクトと母の心は、真っ二つに切り裂かれてしまいました。しかし数年後、彼女はそれを完成させることができました。献辞がすべてを物語っています: この本を夫アルバロ・ビジャの思い出に捧げます。その熱意によって、執筆を始めることができました。そしてその遺産が、私に本書を完成させる力を与えてくれました。 両親が夫婦で行くことができた最後の旅行のひとつは、エクアドルのキトで開かれたLLLの地域リーダー会議でした。司会者が部屋を回り、人々に自己紹介を求めていました。父はおそらくその部屋で唯一の男性で、片隅に静かに座っていました。 「そしてそこの男性は?」と司会者が尋ねました。 すると、やんちゃでチャーミングな父が答えました:「私はカロリーナの運転手兼夫で、30年もの間、リーダーになろうとしているのですが、彼らは私の申請を却下し続けているのです!」 私の両親は間違いなく指導者であり、時代を先取りする人物でした。このことを私が理解したのは、大人になってからでした。今日、自分をアルバロとカロリーナの娘と呼べることを光栄に思います。母乳育児の推進は、彼らが奉仕のために行おうとしていたすべてのことのほんの一面にすぎませんでした。今日、私の私生活と仕事上の原動力は、すべて母のおかげだと認識しています。母は、母乳育児において女性をサポートする術は、母親とその赤ちゃんを助けることにとどまらないことを理解していました。よい母親とは、間違いなく人類の幸福を支える構造体です。 私の母、そして世界中の何千人ものリーダーたちが祝福されますように。 マリア・サラ・ヴィラ

LLL トゥディ #4 – 東アジアの産後期

ベトナムからアメリカに来て最初にカルチャーショックを受けたことのひとつは、病院を訪れたときに、産後間もない親が点滴につながれたまま床を歩いているのを見たことでした。彼女の赤ちゃんは生後数時間しか経っていなかったかもしれません。それまではずっと、生まれたばかりの赤ちゃんの親が病室か寝室でベッドに縛り付けられ、何週間も家から出ない姿しか見たことがなかったのです。産後すぐの間は、動きの制限と屋外への露出、暖かさ、産後の回復食が必需品とされていました。欧米諸国とは対照的です。それは良いことでも悪いことでもなく、ただ違っていました。最初はショックだったかもしれないけれど、不思議と安心感もありました。私は東洋の古い伝統に思いを馳せましたが、それは現代社会にとっては制約であり、不適合なものに思えました。その後何年間も、この考え方のおかげで、私は西洋文化に適応し、拡大することができました。 東洋の信仰体系に話を戻すと、その中核にあるのは陰陽思想です。宇宙のあらゆるものは、常に均衡の状態に達しようとしているのです。拡大し、明るい表面へと上昇しようと努めているうちに、私は自分自身のルーツに戻り、より深く到達することを切望している自分に気づきました。明るいところでは、目が見えにくいかもしれません。しかし、より深く暗い場所では、私の視界は調整され、よりはっきりと見えるようになったのです。その暗い場所とは、意外にも、新しい親になること、初めての赤ちゃんを出産すること、授乳、世話、育児の長い昼と長い夜でした。この空間で、私は次第に、最も生々しく、最も独創的で、最も本格的で、最もふさわしい、最も東アジア的な自分のアイデンティティを見るようになりました。そして、予想通り、生まれたばかりの赤ん坊を持つことでもたらされたのは、数週間家から出ないこと、暖かさ、産後の食事の回復でした。簡単ではない部分もありましたが(家に閉じこもり、冷たい飲み物を含む冷えや寒さにさらされず、普通の風呂やシャワーもない!)、今回はそれをただ「受け入れる」のではなく、その理由を理解し、自分の文化の豊かさと奥深さに感謝することを学びました。東洋の産後ケアの中心にあるのは食の伝統であり、特に産後食は、私が最も心温まるものであり、素晴らしく科学的であり、深い潤いを与え、大いに栄養を与え、これらのすべてを最も必要としている人々にとって驚くほどおいしいと感じたものです。 東アジアの産後食は、体内のエネルギーと気の流れのバランスを整え、血液を浄化して温め、出産からの回復を早め、産婦の体力と活力を回復させ、そして最も素晴らしいことに、豊富な母乳の供給をもたらし、スムーズな授乳をサポートするという効能があると考えられています。伝統的に祖母や年配の家族によって作られてきました。レシピが書かれているわけではなく、何世代にもわたって口伝で受け継がれているのが素晴らしいところです。レシピを送ってもらえないかと義母にメッセージを送ったところ、何日も返事がありませんでした。ようやく、彼女はメッセージを返してくれた: 「レシピはないから、電話で連絡して」とのこと。そういうことだと思っていました! 私の経験では、東アジアの産後料理は最も美味しく、手間のかかる料理です。そして、料理そのものだけが美味しさを創り出したのではなく、心地よさや、大切にされているという温かい気持ち、赤ちゃんが生まれた喜びや興奮を連想させるものでした。 私のお気に入りをいくつか紹介します: 豚足と卵の生姜甘酢ソース 鶏のスープ煮 紅玉子と生姜 紅玉子と生姜のお祝いは、中国の伝統における重要な節目です。これは乳幼児の死亡率が高かった古代に由来しています。子どもの誕生は、その子が生き延びる可能性が高いと信じられていた生後100日になるまで祝われませんでした。お祝いは、家族や親戚、友人、近所の人たちを招いて、自宅やレストランで宴会形式で行われることが多かったのです。この伝統では、卵は豊穣、誕生、生命の再生を表します。ベトナムや中国の文化では、赤は幸福と幸運の象徴です。そして確かに、生姜は伝統的にどの産後料理にも入っている。 卵は固ゆでにし、殻は赤色に染める。生姜はピクルスにする。男の子は偶数個、女の子は奇数個の赤い卵と生姜のピクルスを各パーティーのテーブルの中央に置き、ゲストが幸運を願って持ち帰ることができます。これは、新生児を祝福しに来てくれたゲストに感謝するジェスチャーでもある。 アジアン・アメリカン、ネイティブ・ハワイアン、パシフィック・アイランダーズの母乳育児週間を祝して、私はすべての人に、心温まるおいしい食べ物の産後文化を探求するよう呼びかけたいと思います。これを読むことで、良い思い出がよみがえり、自国の文化と再びつながるきっかけとなり、私たちに帰属意識と意味を与えてきた何世紀にもわたる伝統が、何世代にもわたって受け継がれていくことを願っています。 この記事は2023年8月にLLL USAのウェブサイトに掲載されたものです: ユエン・トラン

LLL トゥディ #4 – 包括性とアウトリーチ

LLLI包括性とアウトリーチ(I&O)委員会は、LLLI理事会に助言し、ラ・レーチェ・リーグ全体で包括性とアウトリーチを増やすための提言を行うために設立されました。この委員会は、すべての家族がその家族を育み、その家族のニーズに応えるための思いやりのあるサポートを受けられるようにアクセシビリティを高めることに取り組んでいます。 アクセシビリティを高めるためには、現在サービスへのアクセスを難しくしている抑圧、差別、および障壁のシステムを探ることが重要です。これらの障壁を探る最初のステップのひとつは、EDI(多様性、公平性、包括性)およびRJ(修復的正義)に関する学習と自己探求のためのさらなる機会を提供することです。このため、I&O委員会は、LLLI理事会、認定部評議会、およびLLLI ダイレクト・コネクト・エンティティの管理者向けに独自の学習セッションを共同で作成する協力をしています。 直近の学習会[1]では、コミュニケーションスキルインストラクターの方々と提携し、少人数のグループで「指摘を受けること、防御的な反応、その対応方法」について話し合う機会を提供できたことに感謝しています。 秘密厳守の少人数制の分科会では、専任のリーダーが進行役を務め、自己評価と問題解決策を促す具体的な質問を探求しました。指摘を受けた際の対応や防衛策について理解を深めるための教育が提供されました。指摘を受けた際に効果的に応対するためのツールも提供されました。また、起こりうるシナリオの具体例を示すために、いくつかのロールプレイも行われました。 トーンポリシングと暗黙の偏見という2つの概念が強調されました。トーンポリシングは、誰かが問題に直接関与するのではなく、個人的な不快感を理由に、抑圧に関する議論や状況の提示方法を批判するときに発生します。暗黙の偏見は、相手を傷つけたかもしれないという不快感を和らげるために、社会的マイノリティーの人々が、常に「優しく」コミュニケーションをとることを期待することがあります。自分の行動や言葉が他者を傷つけた場合、たとえ意図的でなかったとしても、その不快感を受け入れ、他者が抱える問題を聞き、問題解決に取り組むことが大切です。 説明責任を果たすための実践的な提案と、前進するための方法が提供されました。間違いを克服するための戦略には、その影響を受けた当事者の話を積極的に聞くこと、分かち合おうとしてくれたことに感謝の意を表すこと、起こったことを認識すること、個人の責任として懸念される話題についてもっと学ぶこと、などがあります。マイノリティとされる人々に他者を教育する責任があるわけではなく、彼らをそのような立場に置くことは、しばしばさらなる弊害を助長することになることを心に留めておいてください。  2022-2023年度のI & O委員会任期中、2022年10月に「公平性、多様性、包括性、修復的正義を実践するための協働」も開催しました。このセッションは、委員会メンバーのメルセデス・プリッゲン(LLLアライアンス)が進行役を務め、委員会メンバーのペトリコール・ニーランド=キャンベル(LLL USA)とベナイファー・バンダリ(LLLGB)、そしてリーダーのロレイン・テイラー(LLLNZ)とリディア・デ・ラード(EAN)が参加しました。 以下は、その学習セッションのハイライトです: 2023-2024年度の新メンバーを募集しています。公平性、多様性、包括性、修復的正義(EDI & RJ)に情熱を持ち、世界各国の素晴らしいリーダーからなるこのグループの一員になりたい方は、iandocmte@llli.org までメールでご連絡ください。 包括性・アウトリーチ委員会

LLL トゥディ #4 – Julia’s Way

2021年10月に開催されたLLLIオンラインコンファレンスでは、Julia’s Wayによるセッションが行われました。エラ・グレイ・カレン、ジル・ラビン、レイチェル・マーフィーの3人がセッションを行いました。彼らは、ダウン症の赤ちゃんと関わり、母親が母乳育児をするのをサポートする経験を分かち合いました。 2016年に設立され、最近マサチューセッツ・ダウン症議会のナショナル・ペアレンツ・ファースト・コールセンターに統合されたJulia’s Wayは、教育、アドボカシー、意識向上を通じて、ダウン症の赤ちゃんに母乳を与えることの現実と利点について、両親、医療専門家、一般の人々を鼓舞することを目指しています。 Julia’s Wayは、母親がダウン症の赤ちゃんに母乳を与えることができることを証明し、祝福することに取り組んでいます。これは医療界でも認識されていない真実です。母乳育児には、特にダウン症の赤ちゃんに多くの利点があることが研究によって示されています。Julia’s Wayが行った調査によると、20~30%の母親が、ダウン症の赤ちゃんは他の子どもに比べて母乳育児ができないと言われていることが明らかになっています。しかし、時間とサポートがあれば、ほとんどではないにせよ、多くは他の子どもと同じように母乳育児ができるようになります。 ダウン症の赤ちゃんは、多くの場合、母乳育児によって改善される医療ニーズを併発しています。母乳育児は、より広い上口蓋を形成し、口腔を最適に形成することで、ダウン症患者に多い閉塞性睡眠時無呼吸症候群を予防したり、その影響を軽減したりできる可能性があることが研究で示されています。母乳育児による口腔構造の変化は、発語の発達や明瞭さにも良い影響を与える可能性があります。母乳育児は感覚を刺激し、母乳は脳の発達を助けます。母乳育児は免疫系を向上させるので、手術やその他の処置を必要とする多くのダウン症の赤ちゃんにとって非常に重要であります。これらの利点はすべて、成人期にも影響を及ぼすことを知っておくことが重要です。 ダウン症の赤ちゃんを妊娠中の母親や親をサポートする場合、最も重要なことのひとつは搾乳や手で搾るための準備について考えることです。赤ちゃんは医学的に複雑な問題を抱えている可能性があり、母乳の量に影響が出るかもしれません。スキンシップと頻繁な搾乳は、母乳の供給を維持するのに役立ちます。また、母乳を搾乳することで、授乳ができるようになるまでの間、赤ちゃんの成長と発育に必要な母乳をあげることができます。 ダウン症の赤ちゃんは非常に眠たがりで、筋肉の緊張度が弱いことがよくあります。  特に、母乳育児のお母さんが赤ちゃんを起こして頻繁に授乳するようサポートされていない場合、授乳に問題が生じる可能性があります。ジルは、母乳で育てたいと強く願っているある母親の話をしました。彼女は、夜間は休んで、日中だけ搾乳するようにという善意のアドバイスを受けました。ジルは、病院仕様の搾乳機で昼夜を問わず搾乳し、スキンシップも十分にとるよう母親をサポートしました。多くのサポートとエビデンスに基づいた適切な情報により、彼女は赤ちゃんが生後5カ月のときにようやく母乳だけで育てることができました。 レイチェル、エラ、ジルは、セッションの最後に、彼らのウェブサイト しました。このビデオは、母乳育児に成功した多くの家族の物語が語られています。 さらに読む:> クリステン・テングリン、エラ・グレイ・カレン