LLL Today #5 – 母乳育児を通じて母親になることは、大きな違いを生みます。 

私の意図は、子供たちとの関係を母子関係の標準として設定することではなく、むしろ私たちにとって何が最もうまくいったかを証言することです。それにもかかわらず、私は、母乳育児を通じて私たちの種の子供たちを育てるべきであると強く信じています。確かに、私は母乳育児を単に私たちの赤ちゃんである小さな哺乳類に栄養を与える方法とは考えていません。母乳育児はそれ以上のものです。それは芸術であり、子供との関係を生き抜く方法でもあります。母乳育児は、私たちの体と魂の間に親密さと即時性をもたらします。このつながりは本能的なものです。このつながりのおかげで、私は赤ちゃんが何を必要としているかを確実に知ることができます。考える必要も、計算する必要も、反省する必要もありません、ただ我が子を胸に抱き寄せるだけでいいのです。

子どもには母乳が最適だという話をよく目にします。しかし、これは物事の限定的な見方であり、母乳育児を乳房から乳児への乳の移動に還元するものであるように私には思えます。むしろ母乳育児は人間の赤ちゃんが期待しているものであると言うべきだと私には思えます。母乳育児は牛乳以上のものであることを理解するまで、私は母乳育児をすることができませんでした。

私の上の2人の子供たちは、それぞれ1か月と6週間母乳で育てられました。それは実際に、哺乳瓶による授乳をモデルにして、母乳を飲ませようとする試みでした。そして、それはあまり長くは機能しませんでした。最初の子どものとき、私は「愛着障害」または「母親の困難」と呼ぶものを経験しました。赤ちゃんの世話をしているときに悲しい気持ちになったり、赤ちゃんが私を愛していないという感覚を抱いたり…母はよく私にこのような印象を持っていました。私の赤ちゃんと私がくっつくのが難しいというのは想像上のことでした。なぜなら、彼女はよく言っていたからです。「子供は必ず母親にくっつくもの」だからです。確かにそうかもしれませんが、それはどのような方法でしょうか?私の 2 人目の子供は、授乳期間が短かったにもかかわらず、物理的な親密さ (添い寝、赤ちゃんの抱っこ) の恩恵を受け、より充実した満足のいく関係を築くことができました。初めて母親として認められた気がしました。 3人目の子供が生まれたとき、私は最初の困難を乗り越えて彼に母乳を与えることができました。私の母乳育児は、授乳する方法から母親になる方法に変わりました。長い間、母乳育児は私と赤ちゃんの間の主なコミュニケーション手段であり、とてもシンプルで、とても実用的で、とても自然で、とても強力で、とても効果的でした。

その後の子供たちとの関係は大きく異なります。第一に、彼らは最初の子供たちよりもはるかに長い間集中的に母乳で育てられたためです。第二に、私たちはずっと長い間、肉体的な、肌と肌、体と体の関係を築いてきたからです。最後に、彼らが成長しても、彼らは私に近づいているように見え、私たちのコミュニケーションがより本能的であるように見えるからです。彼らと一緒に、私は自分の直感に従って行動しました。私は自分の直感を信じました。そして、本能は良い指針になると思います。母乳育児は私の母性本能を増幅させました。自分の小さな内なる声にもっと同調することで、私はより受容的になり、母乳で育てられた赤ちゃんの要求やニーズにもっとつながるようになりました。

しかし、おまけに、この母親のやり方は、母乳で育てられていない子供たちとの関係、さらには家族の他のメンバーとの関係にも影響を及ぼしました。他人に対しても気を配れるようになりました。ある意味、私の周りの人たちは母乳育児を通じて母親としての恩恵を受けてきました。母乳育児を通じて母親になることで、私の人生と他人との関係が完全に変わりました。そのおかげで私はたくさんの傷を癒すことができました。はい、それが私にとって、そして私たちにとってすべてを変えたことを確認できます。

編集者注: LLL の哲学を表す 10 の概念のうちの 1 つは、「母乳育児による母親になることは、赤ちゃんのニーズを理解し、満たすための最も自然で効果的な方法である」です。


ダイナ、フランス