Lactancia materna: ¿qué beneficiostiene para las madres?

キャスリーン・ケンダル・タケット博士、IBCLC、RLC、FAPA
Traducido por Paola Segnini、アリゾナ州、EE UU
写真: アドリアナ・メセック・マージ

英語

とても優しい、ロスベベス。 ¿マドレスの恩恵を受けることができますか?

ロヴォンヌ提供:レナ・オストロフ

編集者が私に環境を教えてください ワシントンポスト 専門家は、精神的な問題を解決するために、母性と結論を下す恐ろしい経験を積み上げ、ママル時代の困難を乗り越え、大きな違いはありません。アホラ・エイリアンは、今までにないほどの実用性を備えています。ピエンサ・ウン・モメント・エン・エスト。 ¿どのような経験が必要ですか? 安全性は保証されており、米国の安全性を証明する証拠が得られます。さまざまな経験を積んで、あらゆる世界のあらゆる状況に直面し、無数の影響を及ぼします。

必要なときに、干し草の恩恵を受ける必要はありません。 Es algo que he escuchado en los círculos de salud mental por años – ¡y es completamente erróneo! En términos de la sobrevivencia de la especie, notiene sendido que dar de mamar solamente beneficie al bebé.ラス・マドレスは、エスタリアン・ディスプエスタと、ヘイサー・アルゴ・ケ・ノー・ラス・ベネフィシアと、セリア・ブエノ・パラ・エル・ベベを持っていません。最高の人生を送れるように、母性の恩恵を受けるために、母と娘との関係を続けてください。

彼は、マドレスの恩恵を享受できるよう、再開する予定です。

ラス・マドレスの大きな恩恵
  • ロヴォンヌ提供:レナ・オストロフ

    デュランテ・エル・エンバラソ、ラス・マドレス・エントラン・アン・エスタド・テンポラル・デ・シンドローム・メタボリコ(インスリナの抵抗力、ニベレス・マス・アルトス・デ・トリグリセリドスとリピドス、市長グラサ内臓)、地域の必要性を維持するために必要なメタボリコ。デュランテ エル ペリオド デ ポストパルト、 la lactancia materna reestablece el代謝o a los niveles previos al embarazo, メタボリックシンドロームの損失を決定します。 De otra manera, estos síntomas continúan durante el período de después de este, local 最終的な結果と市長の判断による糖尿病と心血管疾患の主要な原因 - EE UU の多大なヘーレスの主な原因 (Stuebe & Rich-Edwards, 2009) )。 12 日間にわたって、糖尿病や心臓病、心臓病などの治療が行われます (Schwartz et al., 2009; Stuebe, Rich-Edwards, Willet, Manson, & Michels, 2005) )。衰弱性の危険性を軽減し、利益を得る可能性を高めます。ペロ・アデマス、ロス・エフェクトス・パラ・ラス・マドレス、息子と市長。

  • 主要な人間の治療法: カテコラミナ (ルチャ・オ・ウイダの治療法)、HHS (コルチゾールのホルモンを生成する方法)、炎症を起こすシステム (Kendall-Tackett、2007 年)。 En respuesta a una amenaza física o psicológica, los tres sistemas se involucran. La respuesta de estrés está diseñada para ser de corto plazo。深刻な問題を抱えたまま、深刻な問題を抱えたまま、マドレスの医療機関を永続的に回復することができます。ラスブエナスの通知として。 Dar de mamar exclusivamente apaga la respuesta de estrés (Groer & Kendall-Tackett、2011)。精神的なストレスを軽減し、炎症を軽減し、インドのアクエラス・マドレスとアママンタンの排他的な結果を得るために、医療機関とアロハドの一貫した結果を維持し、症状の悪化を防ぎます。深刻な問題を解決するために、緊急事態を回避する必要はありません。重大な問題は、重要な問題であり、最優先事項であり、前例のない問題です。
  • 米国母乳育児委員会

    追加の増分を除き、母親との協議を行います。 Muchos asumen (así como yo lo hice una vez) que las madres que dan de mamar duermen menos。エスチェルトはありません。さまざまな研究機関が大規模な教育機関で、マドレスの母親と母親の特別な報告を行うことで、主要なエネルギーと持続的なエネルギーを維持することができます (Dorheim、Bondevik、Eberhard-Gran & Bjorvatn、2009a; Kendaイル・タケットコング&ヘイル、2011)。大統領の判決と無罪は、報道機関の報道機関の判断に基づいて決定されます (Dorheim、Bondevik、Eberhard-Gran & Bjorvatn、2009b)。管理者は、母親の要求に応じて、母親の能力を制限し、優先的に回復することができます。

  • ファイナルメンテ、 .ダル・デ・ママル・メホラ・エル・セントミエント・デ・ビエネスター・デ・ラ・マドレ。 クアンド・ラ・ラクタンシア・バ・ビエン、ラ・オキシトシナ・アウメンタ。エスタ・エス・ラ・ホルモン・デル・ビエネスター。あなたの人生は、母性の目的を達成するための手段ではありません。トラウマを回復するために必要な治療は必要ありません (Kendall-Tackett、Cong & Hale、2013; Strathearn、Mamun、Najman & O'Callaghan、2009)。フエロン クリアダスでのさまざまな状況に合わせて、新たな状況を解決する機会があれば、新しい状況に直面することもあります。 Para muchas madres, esta es la razón principal por la que dan de mamar.

健康を維持するために、前もって健康を保つ必要があります。ペロ・ケ・パサ・シ・ノー? Entonces puede haber 問題。編集部の自動編集 ワシントンポスト マカブラの体験を説明します。ムヘーレスは、常に安全な場所を目指して、バスラとパサドのような安全な場所を目指します。私は前に銃を持っています: ¿por qué estaba sacándose leche Tan frenéticamente, especialmente si después describía la angustia de tener que botarla?? ¿ポルケラボット? ¿Y パラ ケ ガード タンタ?あらゆる問題を解決できます。サカレチェスをハブリア・シド・ウナ・ブエナにするという考えはありません。理想的な形式、これは、ペゾンのデストロサドスに対する悲しみの説明です。デ・ヌエボ、 ポルケ? ピエンサ・ケ・タン・ビエン・ル・ハブリアン・サリド・ラス・コサス・シ・フビエラ・テニド・ウン・ブエン・エキポ・デ・アポヨ・デ・ラクタンシア。

クリスティーナ・シマンティリ

Así que una vez más、 ラクタンシアの危機は、新しいマドレスと同様に、ラクタンシアとミスマのあらゆる問題に直面しています。 引き続き、さまざまな問題を解決し、さまざまな問題を解決し、カンビオのエッチェン ラ カルパでラクタンシアの問題を解決し、一般的な状況を把握し、問題を解決してください。ソラス?

新しい問題を解決するには、問題が発生します。 Y si hay menos 問題あり、las madres se benefician、los bebés se benefician y hay menos represalias contra la lactancia materna です。アポヤル・ア・ラス・マドレス・エス・アン・トラバホ・ケ・ヴァーレ・ラ・ペナ。

ラクタンシアの経験を積極的に発揮し、リーガ・デ・ラ・レーチェの海でプロのラクタンシア、コンセヘラ・コミュニティー、家族の一員として海を楽しみながら、素晴らしい経験を積んでください。マイルに影響を与える可能性があるため、あらゆる手段を講じることができます。

参考資料
米国母乳育児委員会

Dorheim、SK、Bondevik、GT、Eberhard-Gran、M.、Bjorvatn、B. (2009a)。産後女性の睡眠とうつ病:集団ベースの研究。 睡眠、32(7), 847-855.

Dorheim、SK、Bondevik、GT、Eberhard-Gran、M.、Bjorvatn、B. (2009b)。うつ状態の女性と非うつ状態の産後女性の主観的および客観的睡眠。 スカンジナビア精神医学法、119, 128-136.

MW グロアー、KA ケンダル・タケット (2011)。 母乳育児が女性の生涯を通じてどのように健康を守るか: ヒトの授乳の精神神経免疫学。テキサス州アマリロ: Hale Publishing。

ケンダル・タケット、KA (2007)。新米母親のうつ病に対する新たなパラダイム:炎症の中心的な役割と、母乳育児と抗炎症治療が母親の精神的健康をどのように守るか。 国際母乳育児ジャーナル、2:6。土井:土井:10.1186/1746-4358-2-6

Kendall-Tackett, KA、Cong, Z.、および Hale, TW (2011)。授乳方法が睡眠時間、母親の健康状態、産後うつ病に及ぼす影響。 臨床授乳、2(2), 22-26.

米国母乳育児委員会

Kendall-Tackett, KA、Cong, Z.、および Hale, TW (2013)。性的暴行歴のある産後女性のうつ病、睡眠の質、母親の健康状態:母乳育児、混合育児、粉ミルク育児の母親の比較 母乳育児の薬、8(1), 16-22.

Schwartz, EB、Ray, RM、Stuebe, AM、Allison, MA、Ness, RB、Freiberg, MS、Cauley, JA (2009)。授乳期間と母親の心血管疾患の危険因子。 産婦人科、113(5), 974-982.

Strathearn、L.、Mamun、AA、Najman、JM、および O'Callaghan、MJ (2009)。母乳育児は児童虐待や育児放棄から身を守ることができますか? 15年間のコホート研究。 小児科、123(2)、483-493。土井:123/2/483 [pii]10.1542/peds.2007-3546

AM ステューブ、JW リッチ・エドワーズ (2009)。リセット仮説: 授乳と母体の代謝。 アメリカ周産期学ジャーナル、26(1), 81-88.

Stuebe, AM、Rich-Edwards, JW、Willett, WC、Manson, JE、Michels, KB (2005)。授乳期間と 2 型糖尿病の発生率。 米国医師会雑誌、294(20), 2601-2610.

ラ・ドラ。キャスリーン・ケンダル・タケット es sicóloga de la salud、Consultora Certificada de Lactancia Materna (IBCLC)、y propietaria y editora en jefe de Praeclarus Press、una pequeña casa editor especializada en la salud de la mujer。改訂履歴の編集者: 臨床授乳 y 生理的トラウマ。健康とトラウマ心理学におけるアメリカ心理学会、APA のトラウマ部門の代表、公益心理学推進委員会。乳がん、衰弱、トラウマ、健康被害などのさまざまな問題を専門的に調査します。この問題には、母親の精神神経免疫学や、母親の精神的衰弱、トラウマや健康被害などの永続的な影響が含まれます。 400 件の記事を自動で編集し、母親の鬱病、よく知られた暴力、ラクタンシアの 30 冊を自動編集します。内容を含む本を読む 新米母親のうつ病、第 3 版 (2016、印象版)、 トラウマの心理学 101 (2015) 母子の睡眠の科学 (2014年)。ウェブ息子のページ UppityScienceChick.com母乳育児MadeSimple.comKathleenKendall-Tackett.com、y PraeclarusPress.comGoogle スカラー.