Das Baby füttern – und die Mikroben

メアリー フランセル、アトランタ、ジョージア州、米国
Übersetzung: Anja Harnisch、オーストリア

では、Jahren ist das Interesse and der Rolle der nützlichen Bakterien im menschlichen Darmtrakt und im gesamten Körper stark gestiegen. Kommensale Mikroben (die Normale Mikroflora auf unseren Körperoberflächen) は、神経伝達物質に対する免疫機能の監視と、安全性の確保に役立ちます。赤ちゃんは、最初の Linie von ihren Müttern – und das Stillen spielt eine große Rolle bei ihrer Besiedlung で Mikroben を出産します。

Muttermilch beeinflusst die Mikroflora

Säuglingsdarm-Populationen unterliegen vielen variationen、die auf der Lebensgeschichte、der Genetik、der Verwendung von Antibiotika、Ernährung der Vorfahren、der Art der Geburt und mehr basieren。 Einige Untersuchungen haben sogar gezeigt, dass Übergewicht oder Stress bei der Mutter oder sogar das Geschlecht des Babys die mikrobielle Zusammensetzung der Menschlichen Milch beeinflussen können. Auch die geographicsche Lage ist von großer Bedeutung; zum Beispiel haben Subsistenzgemeinschaften (die auf natürliche Ressourcen angewiesen sind) im Vergleich zu Westlichen、gebildeten、industrialisierten、reichen und Demonkratischen (WEIRD) Gesellschaften eine größere Vielfalt an Darmbakterien。 Der wichtigste Einfluss auf die Art der Mikroorganismen auf unserer Haut oder in unserem Körper scheint jedoch zu sein, ob ein Baby etwas anderes als Muttermilch erhält oder nicht.

Das Mikrobiom eines Säuglings (die Mikroorganismen inseinem Körper) wird aus mehreren Quellen gebildet: Haut-zu-Haut-Kontakt, Passage durch den Geburtskanal und Bakterien, die in utero erworben werden.赤ちゃんのアウフゲノメンの世界の中で、ミルヒドリューゼンをさまよったまま、赤ちゃんのアウフゲノッメンの世界に戻って、ミュッターリッヒのダルムバクテリエンを見つけてください。微生物細菌 (MOM)、ビフィドバクテリウム ロンガム 乳児菌 (B. 乳児菌) の検査、オリゴ糖 (HMO) の検査。

ヒューマンミルクオリゴ糖 (HMO)

Es gibt etwa 400 bis 1000 verschiedene Arten von HMOs und jede Mutter produziert ihren eigenen individuellen Fingerabdruck von etwa 50 Dieser Arten。 Obwohl HMO は、Milch darstellen、Können Babys diese komplexen Zuckermoleküle nicht verdauen を管理します。 HMO は、Verdauungstrakt でゲランゲンを生成し、MOM は ernähren、sondern auch pathogene Bakterien (Bakterien、die Infektionen verursachen) に拘束され、不活動になります。免疫療法 (HIV) の危険性を認識し、健康維持に役立つ情報を入手し、ムターミルヒ ユーバートラゲンの情報を入手してください。赤ちゃんの幼虫の HMO は、有機体と動物のセットで、クルツケッティゲ フェッツサウレン フライ、死、ダルムシュライムハウト デ キンデス エルネレン、シャリンザウレ、死のシュネレ ヴァッハスタム デ ゲヒルンズ フェルダートの生命を維持します。 。

ベッセーレ ゲズントハイト ウントヴィックルング

Auf der Konferenz der International Lactation Consultant Association 2016 diskutierte die Anthropologin Katie Hinde, PhD, wie ein Überwiegen von “gestillten” Bifidobakterien im Darm eines Babys, insbesondere von B.乳児, mit besseren Gesundheitsergebnissen und einer besseren Entwicklung Verbindung gebracht wird、einschließlich einer で免疫機能と腸炎に関する詳細な検査は、腸炎 (einer schweren Darmerkrankung) によるものです。 Eine weitere der faszinierenden Arten, wie Mikroben an einer gesteigerten Immunität beeiligt sein können, ist die Interaktion von Muttermilch und Speichel für Säuglinge (nicht jedoch für Erwachsene)。 Diese Kombination erzeugt eine Form von Wasserstoffperoxy、die pathogene Bakterien zerstört、während sie gleichzeitig Nukleoside und Nukleovasen (Bausteine des Geneticschen Materials) bereitstellt、um nützliche Organismen zu nähren。ヒンデ博士とアンデレ フォルッシャー ハーベンの理論理論は、MOM の最も優れた神経伝達物質 (化学ボーテンシュトッフ) に関するものであり、最高の品質を維持するために必要なエネルギーを制御するための重要な要素でした。

健康な微生物をより適切な微生物に分類し、さまざまな微生物の情報を一覧表示します。 Dr. Hindes のブログ「哺乳類は…乳を吸う!」(Säugetiere saugen…. Milch!) で情報を参照してください。  http://mammalssuck.blogspot.com/?view=magazine.

レファレンツェン

Al-Shehri、Saad S. et al. 「母乳と唾液の相互作用は、乳児期早期の口腔マイクロバイオームを調節することで自然免疫を高めます。」 エド。ルイス・エドゥアルド・ソアレス・ネット。 PLoS ONE 10.9 (2015): e0135047。 PMC。ウェブ。 2016 年 11 月 1 日。

アーディス・L・モロー、ギレルモ・M・ルイス=パラシオス、シー・ジャン、デヴィッド・S・ニューバーグ

病原体との結合を阻害するヒト母乳のグリカンは、授乳中の乳児を感染性下痢から守ります。ニュートル。 2005 135: 5 1304-1307

アルマニア人、アミール・モハマドら。 「母乳だけで育てられた未熟児の糞便微生物叢に対する中性オリゴ糖の影響:ランダム化臨床試験」薬局実践研究ジャーナル 5.1 (2016): 27–34。 PMC。ウェブ。 2016 年 11 月 2 日。

ベントレー、ジェイソン P. 他「在胎週数、出産形態、母乳育児はすべて急性早期小児胃腸炎に影響する:記録連鎖コホート研究」 BMC 小児科学 16 (2016): 55. PMC。ウェブ。 2016 年 11 月 1 日。

ボード、ラースら。 「母乳オリゴ糖濃度と母乳育児を通じた出生後 HIV 感染のリスク」。アメリカ臨床栄養学ジャーナル 96.4 (2012): 831–839。 PMC。ウェブ。 2016 年 11 月 3 日。

Cary R. Allen-Blevins、David A. Sela、Katie Hinde ミルクの生物活性物質は微生物を操作して親子間の対立を仲介する可能性があるEMPH (2015) 2015: 106-121 doi:10.1093/emph/eov007 初版オンライン公開日 2015 年 4 月 2 日

コン、シャオメイら。 「早産児の幼少期における腸内マイクロバイオームの発達パターン: 摂食と性別の影響」エド。 Francesco Cappello.PLoS ONE 11.4 (2016): e0152751。 PMC。ウェブ。 2016 年 11 月 3 日。

クマール・ヒマンシュ、デュ・トワ・エロワーズ、クルカルニ・アムルタ、アッコ・ジュハニ、リンダーボルグ・カイサ・M.、チャン・ユメイ、ニコル・マーク・P.、イソラウリ・エリカ、ヤン・バオル、コラード・マリア・C.、サルミネン・セッポ。 「特定の地理的位置における母乳微生物叢と脂肪酸プロファイルの独特なパターン」微生物学のフロンティア、vol. 2016 年 7 月 http://journal.frontiersin.org/article/10.3389/fmicb.2016.01619

ミュラー、ノエル T. 他 「乳児のマイクロバイオームの発達: 母親が重要。」分子医学の動向 21.2 (2015): 109–117。 PMC。ウェブ。 2016 年 11 月 3 日。

オブレゴン・ティト、アレクサンドラ J. 他「伝統的社会における生存戦略は腸内微生物叢を区別する。」 Nature Communications 6 (2015): 6505. PMC。ウェブ。 2016 年 11 月 3 日。

パチェコ、アライン R. 他「新生児の腸内細菌叢に対する牛乳のグリコバイオームの影響」動物生物科学年次レビュー 3 (2015): 419–445。 PMC。ウェブ。 2016 年 11 月 3 日。

ロマーノ=キーラー、ジョアン、ヨルン=ヘンドリック・ヴァイトカンプ。 「胎児の微生物定着と免疫発達に対する母親の影響」小児研究77.0 (2015): 189–195。 PMC。ウェブ。 2016 年 11 月 2 日。

スミロウィッツ、ジェニファー T. 他「母乳オリゴ糖:新生児における構造と機能の関係」。栄養年次レビュー 34 (2014): 143–169.PMC。ウェブ。 2016 年 11 月 2 日。

アンダーウッド、マーク A. 他「ビフィズス菌ロンガム亜種インファンティス:乳児の腸のチャンピオン定着者」。小児研究 77.0 (2015): 229–235。 PMC。ウェブ。 2016 年 11 月 3 日。

ヨン、エド。マイクロバイオームに母乳を与える。ニューヨーカーさん。 2016 年 7 月 22 日。 http://www.newyorker.com/tech/elements/breast-feeding-the-microbiome

メアリー・フランセル und ihr Mann Howard sind Eltern von drei gestillten Kindern im Alter von 25, 21 und 18 Jahren. 20 Jahren LLL-Beraterin と米国ジョージア州 LLL のエリアプロフェッショナルリエゾン、および今日のリーダーの寄稿編集者です。米国ジョージア州アトランタにある Als International Board Certified Lactation Consultant は、米国ジョージア州アトランタにある、教育機関としての教育活動を行っています。