妊娠中の母乳育児とタンデム授乳: 安全ですか?

米国フロリダ州のヒラリー・フラワー博士が調査した最近の研究

初版発行日: 2016 年 4 月 11 日

妊娠中に母乳育児をしても安全ですか?

私が自分の本について調べ始めたとき、 タンデム授乳の冒険: 妊娠中およびその後の母乳育児、私の最優先事項は安全性の問題に対処することでした。多くの助産師さん、 女性らしい授乳術, などの女性に優しいリソースがそれにゴーサインを出しました。結局のところ、多くの女性は妊娠中も問題なく母乳育児をしていたのです。一方、産科医らは女性に対し、流産や早産を引き起こす可能性があることが研究で示されていると誤って警告した。実際、どちらの陣営も、この重要な安全性の問題についての直接の研究を示すことはできず、何もありませんでした。

当時の利用可能な最良の答えを提供するために、私は袖をまくってホルモンに関する医学研究を読みました。 オキシトシン、その放出が乳首の刺激によって引き起こされ、出産の潜在的な引き金となることについて。私が見つけたものは非常に励みになりました。授乳中はオキシトシンの放出が少なくなり、妊娠中は子宮がオキシトシンに対して「聴覚障害」になります。ある研究では、高用量の合成オキシトシン(ピトシン)であっても、女性が満期になるまで陣痛を誘発することはできないことが発見された(Kimura et al 1996)。同様に、セックスは出産を誘発するという民間伝承は、臨月の女性であっても廃止されました(Tan et al 2006)。

ロンドンのセント・メアリーズ病院で不育症クリニックを運営するレスリー・リーガン教授にインタビューした。彼女は、流産と母乳育児との関連性を示唆する人がいることに驚き、たとえ切迫流産を経験したとしても妊婦に断乳を勧める根拠はないと述べた。私が抱いていたイメージは、妊娠が健康であれば、母乳育児によって軌道から外れることはない、というものでした。母乳育児中の母親が早産や流産を経験した場合、母乳育児に関係なくそうする可能性が高くなります。実際、私は著書のために、出血や早産の症状を経験した母親たちにインタビューしました。安全のために乳離れした人もいましたが、そうせずに健康な赤ちゃんを産んだ人もいました。

私の本が出版された時点 (2003 年) では、これらの逸話的または間接的な指標が私が提供できる最善のものでした。 10 年以上経った今、医学研究が安全性という重要な問題に取り組むために多くの成果を上げていることを知るのは喜ばしいことです。現在、3 つの個別の臨床研究が行われ、母乳育児が流産、低出生体重、早産の原因であることが証明されました。

最近の研究

イランで行われたある研究(Madarshahian and Hassanabadi 2012)では、妊娠と授乳を重複させた80人の女性と、そうでなかった240人の女性を調査した。研究者らは、正常な妊娠(最初から高リスクだった妊娠を除く)に焦点を当て、感染症、高血圧、出血などの妊娠中の問題の発生率に差は見られなかった。さらに、妊娠中に母乳で育てた母親は、母乳で育てていない母親と同じくらい正期産になる可能性が高く、早産を回避していました。研究者らは次のように結論づけた。
「この研究は、正常な妊娠中の母乳育児は、母体と新生児の望ましくない転帰の高いリスクとは関連していないという立場を支持しています。重複授乳は母親の個人的な決定です。」

日本で行われた別の臨床研究(Ishii 2009)では、授乳と妊娠が重なった110人の女性を調査し、そうでない774人と比較した。この研究では、流産がそれぞれ7.3%と8.4%の妊娠で発生したが、有意差ではないことが判明した。著者は次のように結論づけています。
「たとえ母親が妊娠していても、自然に乳離れするまで母乳育児は続けるべきです。」
そして次のようにコメントしました。
「妊娠中の母乳育児の問題は、克服する必要がある問題です。誤解と偏見によって、数え切れないほどの乳児が母乳を奪われてきました。」

イラクでは、妊娠中に母乳育児をした妊婦 215 名と授乳しなかった妊婦 288 名を対象に、症例対照研究 (Aldabran 2013) が 1 年間実施されました。早産と低出生体重児の発生率には、2 つのグループ間で統計的な差はありませんでした。奇妙なことに、流産の発生率はかなり高かった より低い 母乳育児グループで。彼らの結論は次のとおりです。
「母乳育児は流産や早産のリスクを増加させず、新生児の出生体重にも影響を与えません。」

最近では、トルコで、前の子に母乳を与えている単胎妊娠の女性 165 人を対象とした研究がありました (Ayrim 2014)。 165 人の妊婦のうち 45 人は授乳を続けましたが、120 人は授乳しませんでした。母乳育児中の妊婦は非母乳育児グループよりも体重増加が少なく、妊娠中のヘモグロビンレベルの低下を示したことは指摘に値します。それにもかかわらず、2 つのグループ間で、妊娠悪阻、切迫流産、子癇前症、早産および早産、新生児の体重、またはアプガースコアには統計的に有意な差はありませんでした。彼らはこう結論づけた。
「妊娠中の母乳育児は有害ではありません。医療専門家は、重複が生じた場合には断乳を勧めるべきではありません。悪影響がないか母親、乳児、胎児を注意深く観察し、悪影響が生じた場合には予防措置を講じるべきです。」

3人で食べる

出生体重に関するイラクとトルコの研究結果は、妊娠中の母乳育児の継続に関連するもう一つの大きな懸念を物語っている。それは、「3人分で食べる」ことは危険なのか?乳児と栄養を奪い合うことは胎児に害を及ぼす可能性があるでしょうか?それとも母親を枯渇させるのか?

多様な食事をとれる裕福な国の女性は、自分自身や胎児、あるいは子どもに害を及ぼすことを心配する必要がないと考える理由があります。妊娠中の適切な体重増加のモニタリング、十分なカロリーの基本的な多様な食事、および十分な水分摂取は、ほとんどの場合、母親が 3 人分の食事を「順調に進んでいる」と判断するのに十分です。場合によっては、亜鉛や鉄分の補給が必要な場合もありますが、完璧な食事や大量の水分摂取にこだわる必要はありません。

栄養失調または栄養不足の女性は、胎児や乳児を養おうとするとき、ましてやその両方を同時に養おうとするとき、不利な立場にあります。出産から次の妊娠までの回復期間が短いため、こうした母親の負担はさらに大きくなります。このような状況における母親に対する栄養補給の効果と社会経済的要因を判断するには、さらなる研究が必要です。

妊娠中の母乳育児は、健康な妊娠状態にある栄養状態の良い母親にリスクをもたらさないという証拠は年々得られており、その証拠はますます強くなっています。同様に強力な証拠は、母親と子供の両方が希望する場合、長期の授乳が身体的および精神的両面で有益であるという証拠です。したがって、 アメリカ家庭医学会 は 2008 年に、正常な妊娠中の母乳育児を支持し、2 歳未満での離乳は小児期の病気の可能性を高めるという立場声明を発表しました (AAFP 2008)。

の イタリア周産期医学会 そしてその イタリア保健省母乳育児に関するタスクフォースは、「妊娠と授乳の医学的適合性を判断する」ために徹底的な文献調査を実施しました。 2014 年に発表された彼らの報告書は、これまでに関連する医学研究を最も徹底的に編集したものです。彼らは結論の中で次のように述べています。
「全体として、妊娠中の母乳育児が母親、胎児、胎児、授乳中の乳児の健康に及ぼす潜在的な悪影響は、証拠に基づいていないことを認識しなければなりません。 …発展途上国においてさえ、母乳育児と妊娠の重複に関連するリスクは、重複そのものよりも、母親と上の子の両方の十分な栄養不足、突然の離乳、出産間隔の短さに関連しているようです。現在の知識に基づくと、一般集団において、生殖年齢にある女性が妊娠中に授乳を続けると流産や早産のリスクが高くなるという医学的証拠はありません。また、特に先進国の健康で栄養状態の良い女性においては、妊娠と授乳の重複によって重大な子宮内発育制限が生じる可能性も考えられません。」

神話の誤りを暴き、妊娠中だけでなくその他の時期の母乳育児についても女性が個別に個人的に決定できるようにする時期が来ています。いつものように、妊娠中および授乳中の選択は個人に合わせて細かく調整する必要があります。母親は、成長するにつれて、自分自身に問い続けるべきです。「この重なり合いは私の体の中で調和を感じていますか?これでうまくいっている感じですか?」これらの質問を考えるとき、彼女は何か奇妙なことや危険なことをしているという通説に悩まされるべきではありません。妊娠中に母乳育児を検討している場合、または授乳中の女性にアドバイスする場合は、安全性に関する本物の医学研究と、高齢者に対する長期授乳の継続的な利点に関する圧倒的な研究を考慮できる産科医または助産師がいるのが理想的です。子供。

妊娠中の母乳育児とタンデム授乳 
妊娠
参考文献

Albadran、Maysara、M. 妊娠中の母乳育児が流産と早産の発生に及ぼす影響。 イラク医学ジャーナル 2013; 11.3.

アメリカ家庭医学会 (AAFP)。母乳育児に関する立場表明。 2008年。

Ayrim、A.ら。トルコ女性の妊娠中ずっと母乳育児。 母乳育児の薬 2014年; 9(3): 157-160。

石井、H. 母乳育児は自然流産を誘発しますか? J オブセット婦人科研究所 2009年; 35(5): 864–868。

木村達也ほかヒトの妊娠中の子宮筋層におけるオキシトシン受容体の発現。 内分泌学 1996年; 137: 780–785。

マダルシャヒアン、F. およびハサナバディ、M. 妊娠中の母乳育児の比較研究: 母体と新生児の転帰への影響J看護研究 2012年; 20(1): 74-80。

マーチャント、K.ら。妊娠に伴う授乳ストレスや短い回復期間のストレスに対する母体と胎児の反応。 アム・J・クリン・ヌトル 1990年; 52:280–88。

Tan, P. et al.妊娠期間、分娩誘発、分娩方法に対する正期産性交の影響。 J・オブステットと婦人科 2006年; 108(1): 134–140。

ヒラリー・フラワーの著者は、 タンデム授乳の冒険: 妊娠中およびその後の母乳育児、LLLI 2003、および 穏やかな規律の中での冒険、LLLI 2005。彼女は 3 人の子供と一緒に米国フロリダに住んでいます。