マリアン・トンプソン 緊急基金における母乳育児支援

目的

マリアン・トンプソン緊急時母乳育児支援基金は、緊急事態における母乳育児を支援するために設立された慈善活動です。ラ・レーチェ・リーグ創設者マリアン・トンプソンにちなんで名付けられたこの限定基金は、自然災害、紛争、避難民、その他の緊急事態などの危機に直面している地域社会や家族に手を差し伸べられるよう、LLL団体とリーダーに支援とリソースを提供する。

母乳育児は乳児や幼児の栄養にとって重要な側面であり、必須栄養素を提供し、病気から身を守ります。清潔な水、衛生設備、医療へのアクセスが損なわれる可能性がある緊急時には、乳児や幼児にとって信頼できる栄養源と免疫源として母乳育児がさらに重要になります。さらに、これらの有害事象は乳児だけでなく周囲の人々にもストレスを与えます。母乳育児の親密な関係がもたらす感情的な利点は、乳児とその養育者に対するストレスの悪影響を軽減するのに役立ちます。

マリアン・トンプソン緊急時母乳育児支援基金は、危機時の母乳育児の重要性についての意識を高め、母親が母乳育児を継続するために必要な支援を受けられるようにすることを目指しています。

この基金を支援することで、個人、組織、コミュニティは、不確実性と激動の時代に社会で最も弱い立場にある人々の保護と福祉に貢献します。マリアン・トンプソン緊急時母乳育児支援基金は、困難な状況に直面した乳児や幼児の健康と発達を守る取り組みを体現しています。

詳細については、緊急時の母乳育児サポート委員会までお問い合わせください。 bfsupportinemerg@llli.org