私の赤ちゃんは手術を受けています

赤ちゃんが手術を受ける必要がある場合は、赤ちゃんが意識を失い、手術や処置中に痛みがないことを確認するために全身麻酔が施されます。麻酔科医は、麻酔を投与し、手術中にお子様の健康を見守り、その後も痛みを和らげるサポートを続ける専門の医師です。

通常、全身麻酔をかける前は、赤ちゃんは何も食べたり飲んだりすることができません。麻酔により赤ちゃんはリラックスして眠くなり、体の反射神経が一時的に働かなくなります。赤ちゃんの胃に食べ物や飲み物が入っている場合、嘔吐や逆流(食べ物が喉に入る)の危険性があります。そうなると、吐き戻された食べ物が赤ちゃんの肺に流れ込み、呼吸に影響を与える可能性があります。

母乳は粉ミルクよりも早く消化されるため、母乳で育てられている赤ちゃんの多くは、全身麻酔を受ける前に推奨される絶食時間を短くすることが許可されます。

病院によって母乳は異なるカテゴリーに分類され、それが授乳制限期間に影響し、ガイドラインは世界中で異なります。

赤ちゃんにとって最も安全な絶食時間について、赤ちゃんの医療専門家と話し合ってください。可能であれば、赤ちゃんの麻酔科医に相談してください。手術前に赤ちゃんがどれくらい絶食すべきかは麻酔科医が決定するからです。母乳のみで育てられた赤ちゃんは、母乳は消化しやすいため、授乳後わずか 2 ~ 4 時間でお腹が空になることに、彼らは気づいていないかもしれません。

ほとんどの組織は、次のような絶食期間を推奨しています。 4時間.

アメリカの小児科医ルースとロバート・ローレンスは、手術前の4時間の絶食に同意し、また、授乳なしの4時間はストレスになる可能性があるため、母親はその間、事前に搾乳された乳房で赤ちゃんを安心させるために授乳することを望むかもしれないと示唆しています。1

一部の家族は、赤ちゃんや幼児が授乳なしで十分に満足しているときに、3 ~ 4 時間の時間を利用できるように手術のスケジュールを立てることが役立つと考えています。たとえば、絶食期間が 4 時間の場合、赤ちゃんは午前 6 時まで徹夜で授乳し、その後手術予定時刻である午前 10 時まで他の活動に気を取られる可能性があります。朝食を抜く方が、子供の授乳の気を紛らわせることが容易になる可能性があります。子供に一晩中授乳させないよりも、朝にそれが必要です。

手術前:

赤ちゃんの気を母乳育児からそらすための次のアイデアが役に立つかもしれません。

  • 赤ちゃんにお人形/おしゃぶりを与えてください
  • 散歩やドライブに行く
  • 赤ちゃんが授乳を期待しないように、あなた以外の人に赤ちゃんを抱いたりあやしたりしてもらいます
  • 赤ちゃんが興味を持ちそうな新しいおもちゃを提供してください

絶食期間中に不快な満腹感を感じ始めた場合は、搾乳することができます。

手術中および手術後:

赤ちゃんの手術中も搾乳を続けることができます。医療チームから別の指示がない限り、手術後、赤ちゃんが口から飲む準備ができ次第、すぐに母乳育児ができるようになります。

世界中の断食時間ガイドラインの例:

イギリスとアイルランド: 英国王立麻酔科医協会 (RCoA)、英国およびアイルランド麻酔科医協会 (AAGBI)、および英国およびアイルランド小児麻酔科医協会 (APAGBI) は、 ガイドを作成しました どの州:

「6時間前に、お子様は軽い食事か一杯の牛乳を飲んでも構いません。哺乳瓶で育てられた赤ちゃんには粉ミルクを与えることができます。 4時間前、 赤ちゃんは母乳を飲める。 2時間前に、子供たちは水または非常に薄めたカボチャを飲むべきです。」 (世界の一部の地域では、スカッシュは心のこもったものとして知られています)。

アメリカ合衆国: 母乳育児医学アカデミー (ABM) は、赤ちゃんは手術の 4 時間前まで母乳を飲んでもよいと述べています。それは彼らの中にリストされています 臨床プロトコル #25.

カナダ: の クイーンズ大学麻酔科および周術期医学科 母乳のために4時間の絶食時間がリストされています。

イスラエル: の シャアライ・ツェデク病院のウェブサイト (エルサレム最大の病院の一つ)は、母乳を飲むための絶食時間を4時間と定めています。

スペイン: 麻酔科医 ドラ。アナ アバド トレント は多くのリソースを参照し、母乳のために 4 時間の絶食時間を使用する必要があると述べています。

ニュージーランドとオーストラリア: の オーストラリアおよびニュージーランド麻酔科医大学 (ANZCA) 言う:

「選択的処置を受ける生後6か月以上の小児の場合、麻酔前に母乳またはミルクと限られた固形食品を最大6時間、透明な液体を最大2時間まで与えることができます。

選択的処置を受ける生後6か月未満の乳児の場合、麻酔前にミルクを最大4時間、母乳を最大3時間、透明な液体を最大2時間まで与えることができます。」

参考文献:
1 ロレンスとロレンス、 母乳育児 医療専門家のためのガイド、8e、2016、p 517

2018 年 1 月に発行されました。