LLLI 理事会委員会の一般ガイドライン

すべての LLLI 常設委員会および特別委員会、タスクフォース、およびチーム

  • LLLI理事会によって解散されない限り、理事会の裁量により継続します。
  • 取締役会によって承認され、規定に含まれる明確な委員会と義務があります。 LLL のポリシーと規定規則 (PSR)
  • 少なくとも 3 人のメンバーがいる
  • 事務局長が委員会委員長と協議の上、担当者を任命する
  • 年間を通じて必要に応じて会合する
  • 理事会メンバーまたは非理事会メンバーが議長を務める場合があります。委員長が理事会メンバーではない場合、委員会には理事会委員長が任命した理事会連絡担当者がいます。
  • がある可能性があり 職権で 他の委員会の連絡員や委員長などのメンバー。 職権により 委員会のメンバーは、委員会の仕事に関連する役職に就いているため、委員会の一員となります。
  • 委員会の委員会および任務に別段の記載がない限り、LLLI理事会年次総会の直後に新しい委員長および委員会メンバーを任命する
  • LLLI の包括性方針と行動規範に沿って、多様な委員会メンバーを求める
  • 各エリアおよび DCE と良好な関係にある LLL リーダー、および必要なスキルと委員会の活動に積極的な貢献をもたらす非リーダー メンバーをメンバーとして受け入れます。将来の委員会メンバーのエリアまたは DCE に連絡して、彼らが関係するすべての組織と良好な関係にあることを確認するのは理事会の議長の責任です。
  • を遵守してください OFFICIAL LLLI TRANSLATION: アクセスのしやすさと文化の違いへの配慮 ポリシー
  • 新規または改訂されたプログラムやプロジェクトについて LLLI 理事会に勧告し、LLLI 理事会の承認を求めるか、ED に直接報告します。ED は、新規または改訂されたプログラムやプロジェクトに関する勧告を LLLI 理事会に提出して承認を得るのを支援します。
  • 理事会に勧告を行う場合、または必要に応じて、指定された期限までに会議に出席するか電子投票に参加する委員会メンバーの過半数による賛成票(電子投票または直接投票)を行う際にはコンセンサスを使用します。
  • LLLI理事会に勧告を提出する際、委員長は委員会からの反対意見を報告します。
  • LLLI 理事長の要請に応じて、理事会または ED に定期的に報告する。少なくとも、年次総会の際に報告書を提供します。

LLLI の常設委員会、特別委員会、特別委員会、またはチームのメンバーは、苦情解決プロセスの範囲内で、委員会の地位から解任されることがあります。特に見る 苦情解決プロセス、箇条書き6。

いかなる委員会でも、正式な勧告を行うために必要な定足数は過半数を占めます。

LLLI 理事会メンバーは、同時に 2 つ以上の常設委員会、特別委員会、対策委員会、またはチームの委員長または共同委員長を務めることはできません。

LLLI 理事会の議長は、 職権で すべての委員会のメンバーですが、投票はしません。

取締役会以外のメンバーは、2 つまでの常設委員会または特別委員会、タスクフォースまたはチームに所属します。タスクフォースまたは割り当てられた委員会に関連する他のチームの一員であることは、2 人の制限にはカウントされません。

リーダーは、LLLI 委員会とグローバル リーダー委員会 (GLC) の両方の委員を務めることはなく、そうすることによって、規定されている利益相反につながる可能性があります。 利益相反 ポリシーまたはGLCのメンバーによって決定されます。

委員会の委員長、 職権で 参加者と理事会メンバーは、委員会における自分たちの役割が特別な立場にあり、力の不均衡を認識していることを認識しています。彼らは、委員会のすべての声、特に新しい委員の声を注意深く聞き、認めるように努めています。

特別委員会と特別委員会
  • 特定かつ限定された目的のために設立されている
  • 必要に応じて取締役会の決議によって作成され、その期間は制限されています
  • 委員長と理事会が目的が達成されたことに同意するまで作業を続けます。通常、次の年次総会以降も継続することは期待されていません。

特別委員会またはタスクフォースが年次総会までに委員会を完了していない場合、理事会は委員長と協議の上、1年以内の定められた期間延長することを選択することができます。

LLI 理事長の責任

LLLI 理事会の議長

  • 取締役会全員の承認を得て委員会の委員長を任命する
  • 必要に応じて取締役会の連絡担当者を任命する
  • 委員会の委員会およびこの方針に従って、委員会委員長と協議して委員を承認する
  • 委員会間の監視と一貫性を提供します。 職権で すべての LLLI 理事会委員会のメンバーですが、必要とされる最小メンバー数または最大数の一部としてカウントされません
  • 委員会の報告要件を設定します。
法律事務所とスタッフの責任

LLLIED

  • LLLI 理事長および各委員会の委員長と協議して、各委員会への連絡スタッフを任命します。
  • 委員会の連絡役としての役割についてスタッフを指導する
  • 委員会のスタッフの仕事に関連する問題について、委員会およびタスクフォースの委員長と連絡を取り合います。
委員会委員長の責任

委員会の委員長

  • 理事会の議長と協議して委員会のメンバーを選出します。メンバーは、委員会の任務と職務に関連する知識、スキル、経験に基づいて選出されます。
  • スタッフ連絡員と緊密に連携し、一貫してコミュニケーションをとり、LLLI の戦略計画と一致する目標を設定する際にスタッフ連絡員から情報を求め、スタッフ連絡員に委員会の活動と進捗状況について十分な情報を提供し続ける
  • 可能な限り多様性があり、すべての DCE を代表する委員会メンバーを持つよう努めます。
  • を遵守してください OFFICIAL LLLI TRANSLATION: アクセスのしやすさと文化の違いへの配慮 ポリシー
  • 適切な委員会プロトコルと手順を使用して、委員会会議を実施および組織します
  • 委員会に勧告と決定を行うよう指示する
  • 取締役会の議長の承認を得て、関連する小委員会を設置し、監督する
  • それは 職権で 委員会の小委員会のメンバー
  • 委員会メンバーおよびスタッフ連絡員の意見をもとに委員会報告書を作成する
  • 委員会に存在する可能性のある力の不均衡に対する認識を認識する
  • 委員会のすべての声、特に新しい委員の声を注意深く聞き、認めるようにしてください。

取締役会連絡員の責任

理事会委員会の委員長が現在の LLLI 理事会メンバーでない場合、LLLI 理事会の委員長および副委員長は、理事会の承認を得て、委員会の委員を務めることに同意した現在の理事会メンバーを理事会として任命します。委員会への連絡。

委員会のメンバーとしての通常の責任に加えて、理事会の連絡担当者は、委員会と理事会の間の明確かつ頻繁なコミュニケーションラインを維持する責任があります。

  • 理事会の質問を委員会に持ち込む、またはその逆
  • 取締役会と委員会の間の混乱点を明確にする
  • 必要な報告書を取締役会に提出する
  • 委員会からの動議を理事会会議に提出する
  • 戦略計画のタスクを完了するための委員会の進捗状況を監視する。

連絡スタッフの責任

スタッフの連絡係

  • 委員長がスタッフ連絡員に委員会メンバーまたはその他の者と直接通信するよう要求しない限り、委員長と直接通信する。
  • 質問や不満をEDではなく委員長に最初に伝え、一緒に懸念事項に対処するためにあらゆる努力を払う
  • 支援や情報の提供、その他委員長の要求に応じることができない場合には、できるだけ早く委員長に通知する。
  • 委員会のリソースとして機能します
  • 求められた場合には、委員長に必要なタイムリーな情報を提供します。例: 参考資料、関連する歴史的観点 (過去の LLLI の経験など)、関連する統計、財務情報またはその影響、調査または情報収集、LLLI の日常業務に関連するさまざまなタスクの技術的詳細
  • スタッフの視点や経験に基づいて、委員長にタイムリーな意見を提供します。例: アイデア/プロジェクトの実現可能性、委員会が他の委員会とどのように協力するかについての提案、コストの見積もり、委員会の進捗状況の継続的な評価、ブレーンストーミング
  • 委員会の活動を支援するためにタイムリーなスタッフの支援を提供する
  • 問題と手順について委員長にアドバイスし、混乱している部分を明確にするのに役立ちます
  • 可能な場合は委員会の会議に参加しますが、投票はしません。スタッフ間の連絡意見は慎重に検討され、報告書に組み込まれます
  • LLLI での出来事、関心のある事項、委員会に役立つスタッフの意見を委員長に常に知らせます。
  • LLLI の長期戦略計画と、委員会の活動がどのように計画に適合し、強化されるかに精通しています。

委員会メンバーの責任

委員会のメンバー

  • 委員会で定められた期間の任期を務める。委員会の委員会で任期が定められていない場合、任期は 1 年となります。規約は委員会委員長およびLLLI理事会委員長の承認に応じて更新可能です。
  • LLL の利益のために組織的な視点を保ちながら、DCE から関連する視点と例を持ち込む
  • 委員会のすべての会議に出席し、オンラインでの委員会の議論に参加するようあらゆる努力をする
  • 機密保持規則および委員会の業務に関連するポリシーを理解し、遵守します。
  • 定期的に参加する義務を果たせない場合は委員会を辞任する
  • 利益相反を引き起こすような議論[利益相反ポリシー]、または公平性を妨げる状況がある議論から身を引く
  • 他の委員会メンバーが利益相反の可能性がある場合や、委員会の決定を行う際に公平である能力に影響を与える状況を認識できるように支援する
  • 3 か月を超えて休暇を取る場合は、委員長に警告し、委員長は同様の意見を代表する代替委員を選出することができます。

(92 年 10 月、2023 年 3 月 19 日)